餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

目指すは荒川河川敷。夜明け前ロングランの記録201711

スポンサーリンク

先週末は、荒川河川敷を走った。

久しぶりにロングランをしようと思いたち、それならば、夜明けの河川敷しかないと思ったのだ。

座骨神経痛が癒えず、脚の具合は相変わらず良くないが、走ることじたいは(スピードは出ないけれど)問題ないので、毎日少しずつ走っている。

そんな僕を癒やしてくれるのは、いつも夜明けの天空。この時期は、晴れていれば、とっても空が澄んで美しい。

ただ、平日走る近所のコースでは、さまざまな障害物(特に電線)に遮られ、空の情景を思う存分楽しめない。

ということで、障害物なく、天空を楽しめる荒川河川敷で走ろうと思ったのだ。

今月末は、一応フルマラソンを走る予定なのだけれど、現状、スタミナ的に大きな不安があるため、ロングランをしておく必要があった。

ということで、土曜日の未明、30km走ろうと心に決めて、家を出た。

まだ始発も走り出していないため、家から荒川河川敷までストリートランを行って、河川敷で夜明けの空を堪能する計画だった。

f:id:ICHIZO:20171110040619j:plain

走り出して5kmぐらいに通り過ぎた道。まだ空は真っ暗だ。

この辺りでは、まだ余裕。

しかし…しかし、ことはそう簡単ではなかった。

最近、僕は本格的なトレーニングを行っていないため、10kmを超えたあたりから、脚が、もう悲鳴を上げ始めてきたのである。

加えて、曇天の空がさらに心を重たくした。月は全く見えず、夜明けの情景を楽しむどころではなかったからだ。

それでも何とか走り続け…。

f:id:ICHIZO:20171110041328j:plain舟渡大橋に到着。

隅田川にかかる橋だ。この橋を越えて、10分くらいロードを走れば、荒川河川敷に到達する。

ここまで20km近く走ってきたので、あとは河川敷を10km走れば僕のロングラン計画は終了。しかし、その10kmが、今の僕にとっては相当な重荷だった。

いったん河川敷に入ってしまうと、補給食がとれなくなってしまうため、途中、コンビニエイドに立ち寄って…。

f:id:ICHIZO:20171110042125j:plain

フルーツ入りのクリーム生どら焼きで糖分を補給。

まぁまぁ美味しかったけれど、囓ると、口の周りにクリームが溢れ、走りながら食べにくいのが難点。

次は普通のどら焼きにしようと思ったw

f:id:ICHIZO:20171110042345j:plain

河川敷に到着!

既に夜明けが近くなっており、空はすっかり明るい。そして、やっぱりどんよりと曇っていた。視界は良好だけれど、情景としては面白くない。

さらに、前日までの雨が残っており…。

f:id:ICHIZO:20171110042514j:plain

水たまりだらけになっている箇所もあった。

新川河川敷は、特に上流方面の水はけが悪い。僕は、コース選択を間違えたかなぁ…という思いに苛まれながら、それでも何とか予定の距離を走り終えた。

途中色々寄り道したり、歩いたりしたとはいえ、30km走るのに、3時間半超もかかっている。

さらに、身体はバテバテとなり、僕はどっと疲れて電車に乗り、帰宅した。

僕は何とか走り終えた安堵とともに、不安がこみ上げてくるのを感じていた。

以前は、30km走るぐらい、余裕だったんだけれどなぁ…。このぐらいでバテバテになっているようでは、フルマラソンを完走できないかもしれない、と感じていた。

だから。

僕はそんな不安を払拭するために、翌日も走ることに決めた。

土日のセット練習で、スタミナ不足を補う作戦。

それは、すっかりダメになってしまった身体と心に対する、最大限の抵抗だった。

翌朝。

そんな僕に大きな力を与えてくれたのは、晴れ上がった天空だった。

(以下、続く。)


マラソン・ジョギングランキングへ