餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

日本橋小伝馬町の昭和空間「福聚」で、ビール餃子セットとニラ玉

スポンサーリンク

東京都中央区日本橋。

日比谷線小伝馬町駅前交差点の一等地に、その店はひっそりと存在している。

f:id:ICHIZO:20210219010022j:plain

店名を示す看板もなければ、のれんの掲示も不完全で、「中華料理」の筈が「中○○理」となってしまっている。

入口は磨りガラスになっているから、店内の様子を見ることも出来ない。

一見さんには、かなり敷居の高い店だ。

しかし、勇気を持って扉を開ければ…。

f:id:ICHIZO:20210219013545j:plain

レトロな世界が出迎えてくれる。

お世辞にも綺麗とはいえないが、ノスタルジアを感じる昭和空間だ。

片隅では、サラリーマン3人組が盛り上がっており、常連と思われるオジサンは、腕組みをしながら瞑想に耽っていた。

僕は、その手前の席に座り、壁のメニューを眺める。

f:id:ICHIZO:20210219014124j:plain

f:id:ICHIZO:20210219013956j:plain

中華料理がひと通り揃っているほか、つまみ類も豊富。
昭和価格…とは言えないが、立地を考えれば頑張っていると思う。

ビールの大瓶が500円というのはお得で、呑兵衛には優しい店だ。

f:id:ICHIZO:20210219014524j:plain

餃子は、自家製をアピール。これは期待できそうだ。

ビール大瓶が500円で、餃子が410円なので、餃ビーセットで1,000円を切る。

それでも十分魅力的なのだけれど…。

f:id:ICHIZO:20210219014952j:plain

こんなセットが用意されている。

餃ビープラス90円で、モロキウ(もろきゅう)がついてくるなら、断然こっちの方がお得なので、もちろんこちらを注文。

f:id:ICHIZO:20210219015212j:plain

まずは、この一式が出てきた。

ビールはサッポロラガーの赤星。これを飲める店はそんなに多くないので、嬉しい。

しかも大瓶なのだから、尚更。

セットのモロキウに加えて、ビールには別途お新香もついてくるようだ。素晴らしい。

僕は、胡瓜を囓りながら、赤星を堪能し、やおら店内を眺めてみた。

f:id:ICHIZO:20210219015244j:plain

テーブルの上には、各種調味料が雑然と置かれている。

市販ボトルのミツカン酢がドカンと置かれていて、その近くに、消毒用のアルコールが並んでいるのには、ちょっと驚いた。

しかし、そういったカオスなところも、この店の雰囲気には合っている気がした。

f:id:ICHIZO:20210219015532j:plain

厨房は2階にあるようで、料理ができると、リフトで上から降りてくる仕組み。

このリフトが、かなり老巧化したビジュアルで衝撃だったのだけれど、まぁ、昭和から使われているのだろうと考えると、ちょっと感慨深くもなる。

この時、2階からやってきたのは、僕の餃子だ。

そしてそれは、ほどなく僕の目の前に運ばれてきた。

f:id:ICHIZO:20210217181746j:plain

ちょっと焦げ気味で、正直、あまり美味しそうには見えなかったが、まぁ、それも昭和な店ならではの魅力だと思うことにした。(意味不明w)

f:id:ICHIZO:20210219015935j:plain

ビールとの競演。

昭和だろうが令和だろうが、この組み合わせは、史上最強の鉄壁コンビだ。

囓ってみる。

f:id:ICHIZO:20210219020009j:plain

コーンが入っている!

しっかりと濃い味がついているので、そのままで十分美味しい。

野菜の歯応えがしっかり残っていて、手作り感を感じさせるし、コーンの甘みがいいアクセントになっている。

皮はちょっと柔らかめだけれど、悪くない。

f:id:ICHIZO:20210219020032j:plain

ニラ玉がこれまた最高だった。

ワイルドなニラの海が、半熟気味の玉子と絶妙に絡み合って、僕の好きなタイプのニラ玉だ。

ちょっと焦げているニラもあったけれど、それがまた、昭和っぽくて(?)悪くない。

味つけが濃くて、ビールにもぴったり。

この日、僕は、昭和にタイムスリップした空間で、最高の餃ビー&ニラ玉を堪能した。

とても居心地がいい店だったし、他にも気になる料理があったので、是非とも再訪したいと思っている。


マラソン・ジョギングランキングへ