餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

町中華「わくい@大山」で、大盛り餃子とビールを味わう幸せ

スポンサーリンク

 これぞ町中華、という佇まい。

f:id:ICHIZO:20200618050849j:plain

東武東上線の大山駅から、徒歩約7分。

ひっそりとした住宅街のど真ん中に、ぽっつりとその店は存在していた。

SNSのコミュニティで見かけて、以前から気になっていた店だ。

今は、緊急事態宣言も東京アラートも解除され、経済を回すべきステージに入った。

もちろん「密」には気をつけていく必要があるが、ひとり餃ビーならば、臨機応変に対応できるから、何の問題もない。

ということで、僕は、満を持して、この店を訪れることにしたのである。

外からは、中の様子が全くわからなかったが、とりあえず、暖簾を潜ってみる。

f:id:ICHIZO:20200618052020j:plain

f:id:ICHIZO:20200618052308j:plain

店内はカウンターが5席程度と、テーブル席が2つ。テレビや新聞もあった。

こじんまりした店だが、さっぱりした感じで、なんだか落ち着く。

テーブルには常連らしき人が座り、カウンター越しに店主と楽しく話していた。

大丈夫、密じゃない。

まず、何はともあれ、ビールを注文。

f:id:ICHIZO:20200618052955j:plain

付け合わせに、お新香がついてきた。

シンプルだけれど、とりあえずのアテとしてはこれで十分。疲れた身体に、ビールが染み渡った。

f:id:ICHIZO:20200618053447j:plain

一品料理メニュー。

麺類やご飯類のメニューも裏面に掲載されていたが、これらは見送り。

僕は、常々、餃子を《主食》《完全食》だと思っているので、「餃ビーするぞ!」と決めた日は、あくまで餃子がメイン。

主食系の麺類やご飯類は、僕の餃ビーワールドに入り込む余地がないため、パスをするのが基本方針だ。

ということで、一品料理の中から、餃子のお供として、野菜系のニラ炒めを選択。

f:id:ICHIZO:20200618054810j:plain

まずはそれが出てきた。

僕の注文したのは、ニラ炒め(580円)であり、肉ニラ炒め(950円)ではないのだけれど、肉も少し入っていて、なんだか少し得した気分。

そして、いやはや量が多かった。この写真だとわかりにくいかもしれないが、たぶん、通常の1.5倍はあると思う。

塩味がしっかり効いていて、疲れた身体にはぴったりだったし、何よりもビールに合う。最高だ。

そして。

待ちに待った料理がやってきた。

f:id:ICHIZO:20200618055536j:plain

それを見て、僕は思わず、餃とした。もとい、ぎょっとした。

いやはや、何というワイルドな盛り付けだろう。

1皿に餃子が9個!それが、なんとも無造作に盛られているのだ。

傍らのiPhone SEとの比較でおわかりの通り、それほど小さな餃子ではないし、もちろん手作り。

これで480円というのは激安ではなかろうか。町中華、万歳だ。

f:id:ICHIZO:20200618060146j:plain

大盛り餃子とビールで、至福の餃ビー。

ご飯や麺の入り込む余地などない、最高のゴールデンコンビだ。

僕は、この組み合わせさえあれば生きていけるといっていい。いやはや、最高。

囓ってみる。

f:id:ICHIZO:20200618060521j:plain

具は、野菜と肉のバランスがしっかりとれており、食べ応えがある。

野菜のザクザク感も、肉の旨味もしっかり感じられるし、皮も素朴で美味しい。家庭で作る、王道の手作り餃子と言った感じだ。

下味はそれほどついていないので、酢醤油が合う。

これが、1人前で9個も味わえるのだから、実に最高じゃないか。

とても居心地のいい店だったので、今度は是非友人を誘って、他の料理も食べてみたい。

ただ、その時はちょっと気になることもある。

餃子は、1人前でもこんなワイルドな盛りつけ。それが2人前、3人前となると、どんな盛りつけで出てくるのだろう?

単にその数だけ皿が増えるだけなのかもしれないが、できたら、大皿にしてもらって、超ワイルドな盛りつけをして欲しいw


マラソン・ジョギングランキングへ