餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

これは、未来だ!ディスプレイが伸び縮みする「OPPO X 2021」の発売を熱望!!

スポンサーリンク

このガジェットの凄さは、写真ではよくわからない。

f:id:ICHIZO:20210326010510j:plain

一見すると、左がスマートフォン、右がタブレット…のように見えるけれど、これは、同じ端末なのである。

最近、Galaxy Foldなど、「折りたたみ系」のスマートフォンがいくつか登場しているため、これもその一環か…と思いきや、違う。

その凄さについては、ひとまずこの動画を見ていただきたい。

なんと、ディスプレイが伸び縮みするスマートフォンなのだ。

伸縮操作は、実にスムーズでシームレス。いやぁ、格好いい。格好よすぎてたまらない。

僕は、さながら、「未来の」ガジェットに出会ったような感覚になった。

しかしこれは、CGなどではなく、現実。

この現代において発表されたものだから、僕は驚かずにいられなかった。

ガジェットの名は、OPPO X 2021。

昨年11月に発表された、OPPO社のコンセプトモデルだ。

不覚にも、僕はこれまでその存在をチェックできていなかったため、今更ながら大きな衝撃を受けた。

僕がこのガジェットを知ることになったのは、数日前。

日本マスコミに初公開され、各社から「驚いた」というレビューが続出したからだった。

それらの記事を見ていたら、僕は、いてもたってもいられなくなってしまった。

OPPO社によると、現時点で発売の予定はないとのことだけれど、レビューを見る限り、すぐに製品化できそうなほど、完成している。

コンセプトモデルのままで終わってしまうのは、あまりに勿体ない。

日本マスコミに公開すると言うことは、その反響次第では、製品化検討も成される可能性があると言えまいか。

もしも発売されることになったら、僕は、何としても入手したいと思っている。

それぐらい魅力的なガジェットだ。 


マラソン・ジョギングランキングへ