餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

赤組、青組、ともに必読!「月刊エアライン」2018年2月号は完全保存版だっ!

スポンサーリンク

圧巻。

f:id:ICHIZO:20171229110951j:plain

AIRLINE 2018年2月号

「流石、エアライン!」と唸ってしまう、渾身の企画だ。

日本航空(JAL:赤組)と全日本空輸(ANA:青組)は、日本を代表する二大フラッグキャリアだから、その比較は、過去さまざまな雑誌で行われている。

また、Webでも、ちょっと検索すれば、比較検証の記事は多数見つけることができる。

しかし、今回のこの比較特集は、質量ともに抜きん出ていて、別格。

まさに、「月刊エアライン」の凄さを感じさせてくれるものになっている。

「月刊エアライン」誌での両社比較特集は、今回が初めてではなく、これまでも定期的に行われている。

4年半前、僕が初めて買った「月刊エアライン」も、JALとANAの比較特集だった。

f:id:ICHIZO:20171229164815j:plain

2013年7月号。「日本のエアライン対決 JAL × ANA」特集。

僕は、この特集に痺れて購入し、以降、「月刊エアライン」誌の虜になってしまったことを思い出す。

ただ、この号では、全30テーマ、30ページ程度の特集だったので、今から考えると、まだ地味だったと言えるかもしれない。

2年後。

f:id:ICHIZO:20171229170239j:plain

2015年9月号。

「二大エアラインを徹底比較! ANA×JAL」特集では、60ページにわたる特集にパワーアップした。

そして今回。2018年2月号では…。

f:id:ICHIZO:20171229142914j:plain

全60テーマ。80ページにも及ぶ総力特集。

いったいどこまでパワーアップしていくのだろう…。「月刊エアライン」恐るべし、だ。

《直接対決》と銘打たれてはいるものの、テーマごとに勝敗をつけたりはしていない。

どのテーマに対しても、冷静に、それぞれのフラッグキャリアの立場に立って、分析が行われている。

そのため、どちらのキャリアのファンであっても、心地よく読める。

そう。

これはあくまで、非常にわかりやすい比較記事であり、対決記事にはなっていないのだ。

航空ファンの心理に立った、愛に溢れる「エアライン」ならではの記事作りに、僕はあらためて好感を持った。

僕は、JALで修行を行ってきたので、基本的には赤組の人間。

f:id:ICHIZO:20171229160315j:plain

マイレージプログラムの比較記事を読むと、あの修行の日々が甦ってきた。

f:id:ICHIZO:20171229161640j:plain

JGCプレミアカードが来たーっ!

もう、あれから4年も経つのかぁ…。

ただ、そんな赤組の僕であっても、今回は知らないことだらけだったし、ANAのことはさらによくわからなかったので、実に興味深く読んだ。

「月刊エアライン」の誌面は、実に上質な紙を使用しており、美しいグラビア写真が大きな特徴。

f:id:ICHIZO:20171229170845j:plain

今回の特集でも、両社機体の比較などでは、そのメリットが十分に生かされていた。

電子書籍などでは置き換えが効かない、まさに、「紙媒体」の素晴らしさを感じさせてくれる雑誌なのだ。

比較テーマは多岐にわたっていて、中には、これまでの号にはなかった、実にマニアックなものまで含まれていた。

f:id:ICHIZO:20171229162630j:plain

機内アナウンスの比較!

搭乗時と着陸時。しかも、英訳バージョンまでついている。

これらは両社が公式発表しているわけではないと思うので、「月刊エアライン」の独自取材(?)に基づくものだろう。

いやはや恐れ入った。

硬軟とりまぜた、バラエティに溢れる、渾身の比較特集。これは完全保存版だ。

かれこれ1時間以上、僕は読み耽ったろうか。

赤組の人間としては、隣の芝生さながらに、ANAが青く、眩しく感じ、今度は青組で修行をしてみたいなぁと思ったりもした。

f:id:ICHIZO:20171229163927j:plain

今回の号には、毎年2月号恒例の、キャビンアテンダントカレンダーも付属している。

全日空のCA写真が表紙を飾っていて、青組歓喜!といったところ。

もちろん、カレンダーページには、JALのCA写真もあるし、スカイマークやスターフライヤーのCAが載っている月もあるので、CAマニア(?)にもオススメだ。

 

AIRLINE (エアライン) 2018年2月号

AIRLINE (エアライン) 2018年2月号

 

 

 

 


マラソン・ジョギングランキングへ