餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

JAL国際線で、「ボヘミアン・ラプソディ」が見放題!

スポンサーリンク

今月、JALで海外に旅立ったラン仲間が教えてくれた。

f:id:ICHIZO:20190203120217j:plain

JAL 国際線 2月 映画・ビデオ・オーディオ

JAL国際線の、機内エンターテイメントプログラム2月版。

表紙の写真を見るだけで、僕は心が躍ってしまう。

その友人は、僕と同じ赤組*1で、餃子仲間でもあるから、「ボヘミアン・ラプソディ」も、きっと好きに違いない。(どういう理屈だ^^;)

だから、僕は友人が羨ましくて仕方がなかった。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、既に、公開から3ヶ月になろうとしているので、通常であれば、もう、メディア化される時期だ。

実際、米国では、今月12日に発売が決定している。

しかし、日本版は、未だ、予約すら開始されていない。

日本のamazonにおいては…。

f:id:ICHIZO:20190203111220j:plain

ボヘミアン・ラプソディ【DVD化お知らせメール】

こんなメールを受け付けているぐらいだから、発売はまだまだ先だろう。

どうしてもすぐに欲しければ、米国amazon.comから輸入も可能。

ただ、日本版には、《独自の特典映像》がつきそうな気もする*2し、僕は、まだまだ劇場で見たい気持ちの方が強いので、お知らせメールの登録だけをして、じっと待っているところだった。

とはいえ…。

JALの機内で、無料鑑賞できる*3となれば話は別。

機内でこの映画が見られるならば、僕は何度でも、見まくってしまう筈だ。

10時間超となる欧州へのフライトでも、この映画を見ていれば、たった5回鑑賞するだけで到着してしまう。

おまけに、機内では、この映画のサントラ盤も堪能することができるので、映画に飽きたら(飽きないけど)サントラを聞いて余韻に浸るのもいい。

退屈な長時間フライトも、あっという間に過ぎてしまいそうだ。

ただ、悲しいかな、今の僕には、しばらく海外フライトの予定がない。

残念だなぁ…。

 

*1:JALのイメージカラーは「赤」なので、JALで修行をした人たちは、「赤組」と呼ばれる。ちなみに、ANA修行者は「青組」。

*2:日本公演時の映像とかを、おまけでつける可能性大。

*3:国際線に乗るんだから、無料じゃないだろと言われそうだけれど、機内のエンターテイメントは、あくまで《旅のおまけ》だから、実質無料と言ってもいい。←無理矢理w


マラソン・ジョギングランキングへ