餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

早朝の「海人@大山」で、ギョービー?ゴービー!

スポンサーリンク

以前から、気になっていた店だった。

f:id:ICHIZO:20191112044026j:plain

沖縄料理の店、「海人」だ。

どうやらチェーン店らしく、都内ランの合間に各所で見かけたことがある。

僕は、最近沖縄料理に少し興味が出てきたので、店の前を通りがかるたびに、店頭のメニューを眺めていた。

f:id:ICHIZO:20191112043107j:plain

さまざまな沖縄料理名と、その写真が載っていて興味をそそる。

僕は、それを「ほうほう」「ふうん」と眺め、いつか機会があったら訪れようと思いながら、走りすぎていた。

しかし、先日、東武東上線の大山駅前にある店を通りがかった際、僕は、そのレベルにとどまることができない反応をしてしまった。

思わず、そのメニューを凝視したのだ。

そう。

ここ大山店では、他で見かけないメニューの料理の名前が書かれていたからである。

それは…。

f:id:ICHIZO:20191112043512j:plain

「ゴーヤ餃子」だ。

おぉ。

こんなメニューがあったのか。もしかすると、他の店にもあったのだろうか?

僕が見落としていたのか、この店オリジナルなのかよくわからないけれど、こと、《餃子》となれば、見過ごすわけにはいかない。

僕は、ゴーヤも大好きなので、これは絶対食べなければ!と、決意。

僕がそのメニューを発見した時は営業時間外だったが、訪店の機会は、案外早く訪れた。

数日前の土曜日。

僕は、週末恒例の城北中央公園ランを終え、ほっと一息をついた。

f:id:ICHIZO:20191112044409j:plain

時刻は午前5時頃。まだ、空は真っ暗だ。

この日、僕は、20km走っており、そこそこお腹も空いていた。いや、正確に言うと、空かせていた

この日は、アフターランで、「海人@大山店」を訪れようと思っていたからである。

城北中央公園から大山までは数キロ程度なので、練習後のジョグを兼ねて、ちょうどいい距離。

しかも、さらにお腹は空く。絶好だ。

そんな早朝に店が開いているのか?と思うかもしれないが、それはもちろん下調べ済み。

f:id:ICHIZO:20191112043845j:plain

この店は、平日は朝5時までの営業だが、週末は、なんと朝8時まで営業しているからだ。

これならば、夜明けランのついでに寄ることができる!

ということで、鼻歌でも歌いたい気分になりながら、僕は大山までジョグを続け…。

f:id:ICHIZO:20191112044736j:plain

よっしゃ、着いた!

僕は、遂にゴーヤ餃子を食べられるという思いで、ワクワクしながら階段を上る。この日は、まさに、そのために走り続けてきたのだ。

店の扉を開くや否や…。

f:id:ICHIZO:20191112045415j:plain

有名人のサインと…。

f:id:ICHIZO:20191112045455j:plain

泡盛がお出迎え。気分はまさに沖縄と言ったムード。

ただ、僕は、「ラン後には、何が何でもビール!」と決めているため、泡盛はパスすることに決めた。

沖縄気分よりも、ビール気分優先なのだw

f:id:ICHIZO:20191112045650j:plain

と言うことで、席に座るや否や、ビールを注文。お通しをアテに、乾いた喉を潤した。

ランニングの後のビールって、どうしてこんなに美味しいのだろう。

そんなことを思いながら、カウンターに置いてあるメニュー表を眺める。

さぁ、いよいよ「ゴーヤ餃子」だ。ゴーヤ餃子で、ギョービー(餃子&ビール)だ!

僕は、胸が大いに高まった。

そして、メニュー表からそれを指定しようとすると…。ん?

ない。見つからない。

沖縄料理のところだけじゃなく、おつまみと書かれている料理も含め、くまなく探してみたけれど、僕は、その名前を見つけることはできなかった。

店内も見渡してみたが、壁にも、どこにも、「ゴーヤ餃子」の名前は存在しなかった。

僕は、すぐそばで、僕の注文を待っていた店員に尋ねてみる。

「あのー、入口のメニューにあった、ゴーヤ餃子なんですが…。」

すると店員は、まず、「あっ」と言った後、衝撃的な答えを返してきた。

 

今は置いてないです」

 

 

 

なんと…。

僕は、あまりのショックで頭が真っ白になってしまった。

その瞬間のことを思い出して書いていたら、この記事にも空白が生じてしまったほどだw

席に座る前に尋ねていれば…。と思っても、後の祭り。もう、僕はビールを飲んで落ち着いてしまっている。

たとえ、ギョービーができなくなったとしても、そのまま帰るという気分にはなれない。

ということで、僕はなんとか気を取り直し、代替案(?)で凌ぐことにした。

「ゴーヤ餃子」を食べることはできなかったが、ここは沖縄料理店。もちろん、ゴーヤ料理は、他にもたっぷりある。

ということで、ゴーヤチャンプル、ゴーヤナムルに、ゴーヤビールを揃えて…。

f:id:ICHIZO:20191112051439j:plain

ゴービー(ゴーヤ&ビール)だ!

残念ながら、「ゴーヤ餃子」にはありつけなかったものの、これはこれで、なかなか美味しかった。

機会があれば、是非再訪したいと思う^^;


マラソン・ジョギングランキングへ