餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

JAL特典航空券、改悪のショック…。

スポンサーリンク

唖然とした。

僕は、伊丹空港のカウンターで、呆然として言葉を失くしてしまった。こんなことなら、もう少し、大阪の街でゆっくりしていればよかった…。

でも、もう、後の祭り。

僕は、3時間も先の出発便まで、どうにも時間が余ってしまったので、このエントリーを書き始めているw

僕が言葉を失った理由は、JALのシステム改悪。

僕は、今回の大阪行を、国内線特典航空券で取得している。

僕がもっぱら特典航空券を気に入っていたのは、これまで、こういうメリットがあったから。

ご予約便のご搭乗日当日に限り、ご予約便より早い出発時刻の便で、同一区間・同一クラスに空席がある場合、ご搭乗いただけます。

これは非常に使い勝手がよくて、僕は今まで何度もこの恩恵に預かってきた。

国内線特典航空券は、その提供枠が非常に少ないため、いざ乗りたい時間の便がとれないことが多い。

だから僕は、「とりあえず、遅い時間の便を押さえておいて、当日空港で、早い便に振り替える」という作戦を取っていた。

特典航空券でも、深夜などの便は残っていることが多かったし、当日の空港では、大抵、空きが出ていた。たとえ空いていなくても、キャンセル待ちをかけることができた。実に便利なチケットだったのだ。

そのおかげで、今年の北海道マラソン翌日は、大いに助かったことを思い出す。

この日は、新千歳発21時という便しか押さえることができず、さらに、当日、JALの機材トラブルもあって、千歳空港のダイヤは大混乱に陥った。

しかし…。

JAL修行のステータスと、特典航空券のメリットが効いて、僕は、午後一番の便に振り替え、難を逃れることができた。

この手を、僕は、今回の伊丹→羽田便でも使おうと思っていた。

JALのwebサイトで、予定より3時間早い便が空いていることを確認していたので、僕はその便に変更してもらいたい旨をカウンターで告げたところ…。

冒頭の「唖然」シーンに繋がる、衝撃の展開が待っていた。

「お客様のチケットは特典航空券になりますので、便を振り替えることはできません。」

えっ、えっ…?何を言っているんだ、この係員は。新人か?

僕は、まさかの展開に驚いて、次のように反問した。

「え?特典航空券だと、前の便に振り替えることはできる筈ですけれど…?」

しかし、そんな僕の抵抗は、次の言葉で一気に打ち砕かれた。

「以前はそうだったんですが、11月16日からのサービス変更で、一切できなくなりました。」

僕は、「知りませんでした。どうにもならないですか…?」と、一応、無駄な要請をしてみたものの、やはり…。

「同じようなご要望をたくさんいただいておりますが、全てお断りしております。申し訳ございません。」

にべもなかった。

思い返してみれば、JALから、サービスが変わる旨のメールを受け取っていたような気がするのだけれど、僕は、ズボラゆえに、ちゃんと確認していなかった。

情報弱者は、こういう時に、そのしっぺ返しを食らうんだなぁ…。

この件については、JALのwebサイトにも、しっかり記載されていた。

f:id:ICHIZO:20171127162850j:plain

ご予約便より早い出発時刻の便で、同一区間・同一クラスに空席がある場合においても、ご予約便以外への変更はできません。

2017年11月16日(木)に実施した、旅客サービスシステムの刷新について(国内線) - JALマイレージバンク

問い合わせが多いのか、ご丁寧に赤字で書かれている。

「刷新」というと聞こえはいいが、この点に関しては、完全に「改悪」。

自由度の高かった特典航空券が、全く変更の効かない先得チケットなみの扱いに変わる「超改悪」と言ってもいい。

僕は、特典航空券のメリットが大きいから、これまで頑張ってマイルを貯めてきたのに…。あんまりだ。

今回は、まだ、それほど遅くない便が取れていたので、単に待ちぼうけを食らうだけにとどまったが、毎年夏の羽田→千歳便における特典航空券は、いつも夜遅い便しかとれないので、この改悪は非常に頭が痛い。

夏の北海道便は、航空運賃が高価なので、本当に使い勝手がよかったのになぁ…。来年の北海道マラソン、どうしよう…。

今から実に悩ましい。 


マラソン・ジョギングランキングへ