餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

本と映画のない人生なんて。「ブックセラーズ in 新宿シネマカリテ」

スポンサーリンク

先週末。

僕は、新宿駅前の酸素カプセル「フォレスト」に出かけた。

f:id:ICHIZO:20210526225004j:plain

心と体が疲れた時は、たっぷり酸素を取り入れるのが、僕の大事なリフレッシュ習慣だ。

60分の酸素補給で、すっきりとした僕は、駅の周りをぶらぶらと歩いていると…。

f:id:ICHIZO:20210526224319j:plain

新宿シネマカリテが目に留まった。

緊急事態宣言に伴い、東京都の映画館は、理不尽な休業に追い込まれているが、ミニシアターは対象外。

ただ、「映画鑑賞は危険」という誤った刷り込みをされてしまっている*1ため、その経営は苦しいと聞く。

ならば、応援しないわけにはいかない。

シネマカリテは、大作重視のシネコンとは異なり、もっぱら、通好みの作品をラインナップしている映画館。

僕は、数年前に、ここを訪れて、この映画を見た。

その時の印象は、なかなか良かった記憶がある。

だから、もし今上映している作品の嗜好が合えば、見ていこう。

そう思いながら、入口に近づくと、このポスターが目に入った。

f:id:ICHIZO:20210526231351j:plain

「ブックセラーズ」だ。

 僕は、本が大好きなので、このタイトルは見逃せなかった。

《本のない人生なんて。》というキャッチコピーが良いし、ニューヨークのブックフェアが舞台というのもいい。

ポスターの横に貼ってあったタイムテーブルを見ると、ちょうど上映時間が間近に迫っているところだった。

これはもう、僕に、「見てくれ」と言っているようなもの。

僕は、その偶然に運命を感じて、鑑賞決定。

わくわくしながら階段を降り…。

f:id:ICHIZO:20210526232250j:plain

 久しぶりに、この扉を開いた。

f:id:ICHIZO:20210527041324j:plain

上映スクリーンは2番。

もともと78席しかない上に、感染症対策で1席おきの販売になっているから、40人も入れない。いやはや厳しい状況だ。

ただ、まぁ、この日はガラガラだったので、気にすることはなかったのだけれど…。

僕は、中央の特等席を確保して、約100分のブックワールドに浸った。

その内容は、僕の想定していたものとは、ちょっと違っていた。

僕は、ニューヨークのブックフェアにおいて、ドラマが起きるのだろうと思っていたのだが、そうではなかった。

ブックフェアそのものがテーマということではなく、そこに出店しているブックセラーズ(古書店の経営者)たちによるインタビューが中心のドキュメンタリーフィルムだったからだ。

延々とインタビューが続くため、正直に言うと《中だるみ》しているんじゃないかと思える部分もあった。

しかし、それを補ってあまりあるのが、「本」という媒体の魅力。

希少な本やエピソードが随所にちりばめられていて、本好きならば、きっと興奮する筈だ。

途中、NYの書店がどんどん廃業しているという話になり、オンライン販売や電子書籍の話題が続いた時は、ちょっと暗い気分になった。

あぁ、やっぱり、リアルの書店は厳しいのか、紙の本は廃れていくのかと思った。

しかし、どっこい、そんなことはなかった。

この映画は、紙の本ならではの魅力を、さまざまな角度から掘り下げていており、決して悲観的な内容になってない。

エンドロールの後にも、「とっておきのエピソード」が用意されているのも素敵だ。

ハリウッドの大作映画もいいけれど、こういった(一見退屈な)ドキュメンタリーをじっくり堪能することができるのは、映画館ならではの魅力。

本と映画のない人生なんて、僕には全く考えられない。

東京都による、映画館への暴挙(理不尽極まりない休業要請)が、1日も早く終わることを祈るばかりだ。

*1:空調対策は万全だし、クラスターを発生させたこともないのに!


マラソン・ジョギングランキングへ