餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Apple Watchのバッテリー駆動「18時間」問題が、いつまで経っても改善されない謎について

スポンサーリンク

今回のAppleイベントでは、iPadシリーズとともに、Apple Watchも大きな目玉となっていた。

2つの新製品が発表されたからだ。

f:id:ICHIZO:20200917013612j:plain

Apple Watch Series 6 - Apple(日本)

血中酸素濃度が測定できるようになった、Apple Watchシリーズ6。

f:id:ICHIZO:20200917013625j:plain

Apple Watch SE - Apple(日本)

最新の基本機能に絞って、リーズナブルな価格で登場したApple Watch SE。

さらに、Apple Watch 「入門編」というべきSeries 3も健在なので、多彩なニーズにあったラインナップが揃ったと言えるだろう。

AppleのWebサイトでは、これら3種類のApple Watchを比較検討することができる。

f:id:ICHIZO:20200917020125j:plain Apple Watch - モデルを比較する - Apple(日本)

比較表の詳細をつらつらと眺めてみると、やはり、Series 6とSeries 3の差は半端じゃないということがわかる。

それはそうだろう。

なにしろ3世代も違うのだし、その分値段も大きく違う(Series 6の価格は、Series 3の倍以上)のだから、進化していて当然と言える。

しかし、3世代を経ても、一向に進化していない部分がある。

バッテリー駆動時間だ。

Apple Watchのバッテリー駆動時間は、2015年の初代モデルから、ずっと《公称18時間》のまま。

今回の発表において、僕は、今度こそバッテリー容量の改善が行われるものかと信じていたが、それが実現されることはなかった。

Apple Watchのバッテリーについては、AppleのWebサイトに同社の見解が発表されている。

Apple Watch Series 6 発表に伴う、最新の見解だ。

f:id:ICHIZO:20200917022253j:plain

Apple Watch - バッテリー - Apple(日本)

僕は、この文章を読んでいたら、ちょっとめまいを感じてしまった。

優れた能力を持っているApple Watchは、一日中身につけていたくなる腕時計です。

この部分はとてもよくわかる。

Apple Watchは、確かに、優れた能力を持っていて、魅力的だ。

 だから一日中しっかり使えるバッテリーを搭載しました。

それはそうだろう。

なにしろ腕時計なのだから、一日中しっかり使えるバッテリーを搭載してもらわなきゃ困る。

…と、ここまでは、納得の文章なのだけれど、次に続く文章で愕然とする。

一晩の充電で18時間持続するバッテリーです。

ちょっと待ってくれ。

「一晩の充電で18時間持続する」ということは、逆に考えれば、「一晩充電しなければ、次の日は使えなくなってしまう」ということ。

そんなの腕時計じゃない!…と、思うのは僕だけなのだろうか。

まして、最新のApple Watchは、睡眠トラッキングまで搭載するようになっているのだから、もしもそれを計測するのであれば、寝ている間に充電することもできない。

となると、ますます使いにくいように感じる。

もちろん、これは過酷なテストに基づいたものだから、実際の運用上は、一晩充電を忘れても、次の日ぐらいは耐えられるのだろうと思う。

Web上では、「工夫をすれば数日持った」という報告も、多数上がっている。

ただ…。

僕はもっと気軽に使いたい。

機能を制限すれば、バッテリーの駆動時間はある程度伸ばすことができるのだろうが、それでは、Apple Watchの持つ高い性能を思いっきり堪能することができなくなる。

特に、今回のSeries 6では、健康面にフォーカスした点が強化ポイントなのだから、それを生かすためには、常時ストレスなく、昼も夜も睡眠中も、できる限り継続して使いたい。

そう考えると、バッテリー駆動時間の18時間というのは、流石に無理があるんじゃないかと思う。

しかし…そんな僕の考えは、少数派なのかもしれない。

Apple社の見解を読む限り、同社として、Apple Watchのバッテリー駆動時間は、18時間で必要十分だと思っているフシがあり、改善する気などさらさらない、ようにも思えるからだ。

まぁ、初代以降ずっと18時間のままなのに、爆発的に売れ続けているから、Appleにとっては、バッテリー問題などは存在せず、ひたすら機能アップを求めているのだろう。

そして、ユーザー側も、こまめな充電や工夫した使い方のできる人が多いのだろう。

となると、Apple Watchは、今後もずっとバッテリー駆動「18時間」が続いていく可能性がある。

ズボラな僕は、やっぱりいつまで経っても、Apple Watchを購入できないままになりそうだ。

あぁ。


マラソン・ジョギングランキングへ