餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

iPhone 8のSpecial Edition!「新しい」 iPhone SEが突然発表!!

スポンサーリンク

いったい何度目の正直だろう。

噂が昇っては消え、昇っては消えていた、iPhone SEの後継機が、遂に姿を現した。

その名称は、iPhone SE2でも、iPhone 9でもなく、また、少し前に流れていた、iPhone SE(2020)という名称でもなく…

f:id:ICHIZO:20200416023117j:plain

iPhone SE - Apple(日本)

iPhone SEだったw

AppleのWebサイトでトップページに表示されている「それ」は、黒のバックに黒の筐体なので、非常にわかりにくい。

もしかすると、わざとわかりにくくしているのかもしれないが、スクロールさせてみると、全貌がすぐに判明した。

f:id:ICHIZO:20200416024510j:plain

そう。

新しい「iPhone SE」は、現(というか旧というか)「iPhone SE」の後継機と言うよりも、「iPhone 8」の後継モデルと言えるものだった。

AppleのWebサイトでは、モデル毎の比較ができるため、早速比較させてみると、さらに明白。

f:id:ICHIZO:20200416030705j:plain

f:id:ICHIZO:20200416031935j:plain

f:id:ICHIZO:20200416031946j:plain

iPhone - モデルを比較する - Apple(日本)

第2世代のiPhone SEは、iPhone 8の筐体を流用したものであることが歴然。

だから、現(というか旧というか…)「iPhone SE」の後継とは言えず、そのデザインや筐体にこだわってきたユーザーにとっては、悩ましいモデルとなる。

しかし、Appleは、あえて「iPhone SE」と名付けた。

それは、iPhone 5から続いてきた筐体への決別宣言と言ってもいいかもしれない。

第1世代のiPhone SEが、「iPhone5シリーズの Special Edition」だと言う意味だったならば、第2世代のiPhone SEは、「iPhone8Special Edition」ということなのだ。

だから、第1世代のiPhone SEファンとしては失望の極みなのだけれど、そのデザインや筐体へのこだわりさえ捨てれば、俄然、魅力的な端末であるとも言える。

防塵・防水、ワイヤレス充電、ステレオ録音、Apple Payへの対応…などなど。

これまでのiPhone SEではできなかったことが、一気に実現。

筐体こそ若干大きくなってしまうが、基本的な操作性は変わらないというのもメリットだ。

iPhone X以降、iPhoneは、筐体のホームボタンがなくなり、Face IDに置き換わってしまっている。

しかし、この「新しい」iPhone SEは、ホームボタンを搭載。

f:id:ICHIZO:20200416034836j:plain

iPhone 8の筐体を流用しているのだから、ホームボタンを搭載しているのは当たり前なのだけれど、Apple的には「ただいま。」となるらしい。

物は言いようだw

ただ、マスク必須の時代においては、Face IDより、ホームボタンでの指紋認証の方が使いやすいという考え方もできる。

「新しい」iPhone SEのCPUは、最新のiPhone11と同じものを搭載しているというのも、大きなポイント。

そのため、これまでFace IDを敬遠していた、iPhone6~8のユーザーにとっても魅力的な端末と言えるのではなかろうか。

そのキャッチコピーも抜かりがない。

f:id:ICHIZO:20200416040629j:plain

なんとも抽象的な表現だけれど、お買い得感が溢れている。

そして、実際に、安い。

64GBモデルならば税別44,800円から購入可能で、最大の256GBにしても…。

f:id:ICHIZO:20200416041225j:plain

 iPhone SE 256GB ブラック - Apple(日本)

税別60,800円で入手できる。

5Gは非対応だし、カメラも弱いが、iPhone11と同じCPUを搭載した《廉価な》iPhone 8の後継機と考えれば、かなり魅力的な端末だと思う。

AppleストアWebサイトでの予約は、明日4/17の21:00開始。発売は、1週間後の4/24だ。


マラソン・ジョギングランキングへ