餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

祝!キャリア間SMS開通。

スポンサーリンク

昨晩は、久しぶりに夜の自由時間がとれたため、Twitterのタイムライン(TL)をつらつらと眺めていた。
TLには、SMSに関する話題が躍っていた。それで僕は、ようやく思い出した。7月13日がキャリア間SMSの開通日であったことを。
実現までには長い長い道のりがあったような気がするのに、いざ繋がってしまえば、実にあっけないものだった。
TLの流れに乗るべく、僕も調子に乗って試してみた。
docomoauSoftBank。どこの回線と送り合っても全く問題なかった。3キャリアの回線を持っていると、こういった実験もひとりで簡単にできて便利だ。(ちょっと空しいけどw)
外国では、ごく当たり前にできていたことが、やっと、ようやく、日本で可能になった喜び。これは嬉しい。今後は、相手の電話番号さえ知っていれば、気楽にテキスト文書を送ることができるわけで、とても便利だと思っている。
電話番号の交換しかしていない相手から、いきなりテキストメッセージが送られてきたら、今は少し戸惑いが生じる人がいるかもしれない。しかし、今後SMSが当たり前のように普及すれば、その違和感もきっと薄れてくると信じている。
SMSの距離感や手軽さは、電話ともケータイメールとも微妙に異なる。以前書いたように、災害発生時などの緊急連絡用として実に有効なのは云うまでもないけれど、日常的なやりとりとしても、便利なシーンは多いと思っている。
送信料金*1パケット定額料金に含まれない点は、ひっかかる人もいるかもしれない。しかしそれは、SMSをメールの一種と考えるからであって、電話の代わりの通信手段として考えるのであれば、断然安い。1通につき3.15円*2しか掛からないし、docomoauでは、無料通話付きプランの無料分にも含まれるのだ。
ビジネス用途などで多くの人と携帯電話のやりとりをしている場合、SMSが電話代替として浸透すれば、むしろコストダウンにも繋がると思う。
忌まわしき迷惑メールの存在があるため、相手方に受信拒否されてしまうという危惧は残るものの、折角の便利な仕組みが、迷惑メール如きに潰されてはかなわない。この点は各キャリアの頑張りに期待したい。
【関連】

Twitter Button from twitbuttons.com

*1:受信側は無料。

*2:イー・モバイルは2.1円。


マラソン・ジョギングランキングへ