餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

《回顧》有馬記念

スポンサーリンク

われこそが史上最強牝馬!
ダイワスカーレット、圧巻の有馬記念制覇。

馬名 性齢 騎手 タイム 着差 人気
ダイワスカーレット 牝4 安藤勝己 2.31.5 1
アドマイヤモナーク 牡7 川田将雅 2.31.8 1 3/4 14
エアシェイディ 牡7 後藤浩輝 2.31.9 3/4 10
◎カワカミプリンセス 6番人気7着…orz
強かった。強すぎた。もはや格が違うとしかいいようがない。それほどの強さだったと思う。ダイワスカーレットにはただただ脱帽。これほどの馬を、△としか評価できない、僕の見る目のなさも相当なものだ。ひたすら自己嫌悪。
外枠なんて、何のビハインドにもならなかった。ゲートを出たあとのスピードが違う。外からすーっと内に切れ込んで楽々と先頭。ノリのカワカミプリンセスは、もしかすると「逃げ」の奇策で、スカーレットを惑わす戦法だったのかもしれない。しかし、ダイワのスピードに追いつけず、しごいて2番手につけるのが精一杯という感じだった。
それでも、武豊とともに、ダイワスカーレットにプレッシャーをかけて、最初の1000メートルは1分を切った。かなりのハイペースだ。しかし、ここからいきなり13秒台に落とすのがアンカツマジック。前半のペースが早いだけに、後続もなし崩しで脚を使わされており、ペースが落ちても交わせないのである。
4角を回ってからは、完全にダイワスカーレットの楽勝ペース。去年は内からの出し抜けで、ダイワを交わしたマツリダゴッホは、全くいいところがなく惨敗。今回は終始外外を回らされる厳しい競馬。使える脚が短いだけに、こういった競馬になると出番がないのだろう。もしかすると、JCの疲れもあったのかもしれない。
驚いたのがアドマイヤモナーク。道中は最後方から、無欲の追い込みが嵌った感。もともと冬場に強く、しかも中山も得意な馬。春の日経賞3着や、秋の京都大賞典2着を考えれば、ここまで人気薄なら、狙う手もあった。…と、これは今だからこそ言えるのだけれどw
3着のエアシェイディ。この馬は拾えていたのだけれど、この馬だけ拾ってもなぁ…。それにしても、ダイワスカーレットが勝っているのに、3連複は20万円弱。3連単は、なんと98万馬券。プレミアムがついていたとはいえ、あまりに破格だ。
誰も取れないだろうと思えるほどの大万馬券だけれど、僕の巡回先の中には、こういった3連単馬券を、わずか4頭の馬しか選ばずに的中された、神のような方がいる。単に印が当たったというだけではない。レースの見立ても完璧だ。これまでにも、何度も奇跡を起こし続けてこられたkakuchiさんだけに、あり得ないことではなかったけれど、今回も脱帽。
僕の本命カワカミプリンセスは7着。ダイワスカーレットにプレッシャーをかけるつもりが、自分の方が先に脱落。ダイワスカーレットとは、格の違いを見せつけられた感じ。いやはや、本当に見る目がないなぁ…。


マラソン・ジョギングランキングへ