読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

皇居&ストリートマラソン supported by 八重桜

スポンサーリンク

先週末、土曜日は、皇居を走ることにした。

例によって、夜明け前に家を出て、しばらくストリートラン。皇居周回経由で、自宅へ戻るパターンだ。

このパターンは、個人的に、非常にメリットが多いと感じている。その理由は5つ

  • 「気楽なストリートラン↔ストイックな皇居ラン」で、気分転換できる。
  • 皇居に着いても、まだ「早朝」なので、コースはガラガラ。
  • 皇居周回の回数で、走行距離を調整できる。
  • ゴール地点は自宅なので、ランニングステーション不要。
  • 家に戻ってきても、まだ「朝」だから、その日の予定に影響しない。

と、個人的にはいいことずくめなのだ。

ということで、まだ真っ暗な丑三つ時に家を出て、ひたすら皇居へ。

このパターンで走るのは、今年の1月以来、約3ヶ月ぶりになるのだけれど…。

あの時は、皇居に着いても、まだ真っ暗だった。そんな情景が、1周回るごとにぐんぐん変化。朝日に照らされて、明るくなっていくのがとっても素敵だったことを思い出す。

しかし、今回は…。

f:id:ICHIZO:20170424041642j:plain

皇居に着くと、完全に夜が明けていた。

いやはや、夜が短くなったものだなぁと思う。暗くて寒かった1月とはうって変わって、朝晩は涼しく、とても走りやすい陽気。最高の皇居夜明けランシーズンだ。

f:id:ICHIZO:20170424054657j:plain

空は明るくても、まだ始発ぐらいの時間帯だったし、ランニングステーションなども開店前。

だから、皇居外周はやっぱりガラガラで、とても走りやすかった。

さらに…。

f:id:ICHIZO:20170424041631j:plain

八重桜も咲き誇っていて、心を和ませてくれた。

僕は、そんな情景に癒やされ、距離を踏めそうに感じたので、結局皇居は3周。思ったほどスピードは出せなかったが、先週かすみがうらを走っているし、今は、距離を重ねる方が重要なので、悪くなかった。

皇居ランを終え、自宅へのストリートランへ。身体は結構疲れていたのだけれど、街なかのランは、皇居外周と違って、寄り道し放題。

なので…。

f:id:ICHIZO:20170424060358j:plain

コンビニエイドで、朝食を補給。

これでしばらく乗り切れると思ったら、逆に、お腹を刺激してしまったようで、すぐにまたお腹が空いて…。

f:id:ICHIZO:20170424060412j:plain

あんぱんも追加w

夜明け前から何も食べずに走り始めたので、当然と言えば当然なのだろうけれど、「コンビニがどこにでもある」ストリートランは、誘惑の宝庫。食べ過ぎ注意だ。

このコース設定における唯一の課題かもしれない(^^;

ただ、そんな給食が大きな力になったことは確か。40kmで終えるつもりが、「折角だから…」とフル距離まで走ることにした。

f:id:ICHIZO:20170424041710j:plain

42km走ったことで、Runkeeperアプリでも、「マラソン」と記録された。

僕は、レースではiPhoneを持たず、アプリを起動しないため、この記録は、【練習としての】マラソンで3番目に速いものになる。

もう少し速く走りたかったけれど、ストリートラン部分では、信号待ちもあるし、コンビニエイドロスもあったので、まぁ、仕方がない。

涼しい風の中を心地よく走れたし、皇居の桜も、コンビニエイドの食事も堪能できて、気楽に走れるひとりマラソン。

2ヶ月後のサロマに向けて、いい練習になったと思う。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ