読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

はなもも1週前。「ソツケン@荒川河川敷」の結果は…。

スポンサーリンク

昨晩。僕は、荒川河川敷に繰り出した。

次の目標レースとなる、古河はなももマラソンまで、あと1週間。最終仕上げとして、ソツケンを行うためだった。

ソツケンとは…。

非常識マラソンメソッド  ヘビースモーカーの元キャバ嬢がたった9ヵ月で3時間13分! (ソフトバンク新書)

非常識マラソンメソッド ヘビースモーカーの元キャバ嬢がたった9ヵ月で3時間13分! (ソフトバンク新書)

 

卒業検定、の略。

以前のエントリーでも書いたことがあるのだけれど、僕が尊敬している岩本能史先生が、自書で推奨している、15kmビルドアップ走の一環。

レース本番の約1週前*1に、目標タイムを踏まえて、5kmごとにビルドアップさせていくものだ。

最初の5kmは、レースで走ろうと思っているペース。次の5kmを、キロあたり1分早く、さらに、次の5kmを1分半早く走る必要がある。

僕の場合は、今回もサブ3.5を目標にしているため、キロあたり5分から開始。

グロスサブ3.5に届かず泣いた、別大の悔しさを晴らすためにも、5キロ単位で25分→24分→22分半が必須の課題だった。

 夜の荒川河川敷に到着…。

f:id:ICHIZO:20170305060850j:plain僕は、ソツケンを、荒川河川敷で行うのが常。

基本的に平坦コースで、淡々とストイックに走れるからだ。

河川敷は真っ暗、でも…大丈夫。

荒川河川敷には、街灯が全くないため、夜は真っ暗。

しかし…。

昨年秋に、このヘッドライトを入手して以来、全く問題なくなった。

f:id:ICHIZO:20170305060858j:plain

こんな感じで、前方を煌々と照らしてくれるので安全、安心。

夜はランナーもほとんどおらず、淡々と走れるので、実に快適だ。

真っ暗な河川敷だから、景色は単調だけれど、ストイックに走り抜かなければいけない、ビルドアップ走には向いていると思う。

僕は、大好きな歌姫(中島みゆき)の名曲群を、Bluetoothヘッドホン経由で流しながら、いざ、走り始めた。

夜のランニングBGMとして、みゆきさんの曲は最高だ。

【Start~5km】キロ5分、トータル目標25分。

f:id:ICHIZO:20170305060919j:plain

ソツケン第一ステージの目標は、トータル25分。キロ5分で走る必要がある。

僕は、毎日の夜明け前ランでは、キロ6分程度でのゆったりジョグばかりしているので、スピードが乗らないのではないかと心配したが、案外楽に入れた。

淡々と走れる河川敷の雰囲気がいいし、BGMのみゆきさんが快適だったという理由も大きい。

しかし、まだまだ勝負はこれから。僕は、気を引き締めて走った。

【6km~10km】キロ4分48秒。トータル目標24分。

f:id:ICHIZO:20170305060938j:plain

第二ステージの5kmは、24分で走る必要がある。キロあたり、4分48秒だ。

6kmに突入し、ギアを切り替える時、ちょっと戸惑ったけれど、でも、何とか乗り切った。

峠走でのスピード練習が効いているのか、スピードを上げても、思ったほど苦しくない。

4分48秒で走ればいいのに、無理せず40秒を切っているラップも出たので、自分でも驚いたほど。

第二ステージは、難なくクリア。

あとは、最後の5kmを全力で走り抜くだけ。「今回は、ソツケンにパスできるかも!」と思った。

【11km~Finish】キロ4分半。トータル目標22分半。

ソツケン、最終ステージ5km。

最初の1kmとなる、入りは悪くなかった。

f:id:ICHIZO:20170305074230j:plain

今回も、ギアを上げる時にちょっと苦しかったけれど、何とかキロ4分半は切れた。

f:id:ICHIZO:20170305075054j:plain

12km地点のラップで、ちょっと失速。

ただ、これはあらかじめ予測できていた。上り坂に引っかかったからだ。

荒川河川敷は基本的に平坦コースなのだけれど、岩淵水門の前後に大きなアップダウンがあり、赤羽からの下流往復ランを行うと、これに捕まる。

だから、このタイムは想定の範囲内。11km地点のラップ5秒の貯金があるので、トータルロスは5秒。

その後は、平坦と下り坂しかないし、十分取り戻せる、と思っていた。

ところが…。

f:id:ICHIZO:20170305075111j:plain

平坦に戻った13kmでも、4分30秒を切ることができなかった。

これは大きな誤算。上り坂で苦しんだせいもあって、スピードが戻らないのだ。

まずい!このままだと、ソツケンをクリアできない!

僕は、何とかスピードを上げようと踏ん張った。

幸い、次の1kmは、下り坂を含んでいる。上りで失ったロスをここで取り返せば、何とかなる。

そう思った。

しかし、期待していた下り坂でも、思ったようにスピードが上げられなかったのは、大きな誤算だった。

f:id:ICHIZO:20170305075448j:plain

何とか4分半はクリアしたものの、まだ、上り坂で失ったロスは取り返せていない。

僕は大いに焦ったが、泣いても笑っても、あと1km。

どんなに苦しくても、ここは死に物狂いで頑張らなければ!と思った。

この時点で、細かいロスタイムの計算はできなかったが、おそらく、4分20秒ぐらいで走り抜ければ、ソツケンをクリアできる筈だった。

だから、僕なりに、すべての力を振り絞って走ろうと思ったのだけれど、僕の足は、心臓は、それに応えてくれず…。

f:id:ICHIZO:20170305080054j:plain

ラスト1km、4分半を超過orz

結果、ビルドアップ最終ステージは、トータル22分38秒。ソツケンに必要なタイムに8秒及ばずの結果となってしまった。

無念だ。

ソツケンを終えて思ったこと。

f:id:ICHIZO:20170305061006j:plain

たった8秒、されど8秒。

この8秒のスピード不足が、最近の僕の実力なのだろうと痛感した。

特に、ビルドアップ走において、一番頑張らなければいけないラスト1kmでの失速が痛い。

全速力、4分24秒で走れていれば、ソツケンをクリアできたのに!

そう思うと、本当に悔しかった。

最近のフルマラソンで、最後踏ん張れずに失速してしまうのは、ここが原因なのだろうなぁと、思った。

もっと持続的なスピード力を身につけなければ…。

ただ、もう、レースまでは1週間しかない。今更ジタバタしても逆効果なので、あとは体調を整えて臨むだけだ。

ソツケンをクリアできなかったのは残念だけれど、もう、悔やんでも仕方ない。

本番での大逆転ができるよう、何とか頑張りたい。

 

限界突破マラソン練習帳 「サブ4」「サブ3.5」「サブ315」「サブ3」書き込み式10週間完全メニュー

限界突破マラソン練習帳 「サブ4」「サブ3.5」「サブ315」「サブ3」書き込み式10週間完全メニュー

 

 

*1:本当は、レース10日前の水曜日に行うものとされているのだけれど、平日は仕事の関係でなかなか困難。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ