餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

アレクサの「餃子観」が納得できない!

スポンサーリンク

僕は、餃子をこよなく愛している。

しかし、だからと言って、「餃子」と名がつけば、何でも好きなわけじゃない。

餃子という料理は、「皮と餡」の絶妙なハーモニーがあってこそ成り立つというのが、僕の持論で、そのどちらが欠けてもあり得ない。

だから、巷で良くある「餃子味」などいう食品などを見ると、大いに不満が募る。

それは、《いわゆる餃子の餡っぽいもの》を無理矢理《餃子味》として名乗っているだけで、皮の存在はどこに行ったんだよ!と思うからだ。

ゆえに僕は、こういった食品には全く心が動かない。

そして。

餃子の皮は、あくまで、小麦粉でならなければならない。これは、餃子を名乗る以上、マスト。

それは、単に僕の持論というわけじゃなく…。

ギョーザ【餃子】
(中国語) 中国料理。小麦粉をこねて薄く伸ばした皮に、挽肉・野菜を包んで焼き、または茹で、あるいは蒸したもの。

広辞苑(第六版)にも、ちゃんと書かれている。

試しに、アレクサ(Amazon Echo Spot)に尋ねてみたら、このように答えてくれた。

f:id:ICHIZO:20180815043329j:plain

これは、餃界の常識なのだ。

だから僕は、ひとつ、どうしても許せないことがある。

前述の餃子味食品については、まぁ、単なるイメージ表現だと考えれば(僕は食べないが)許容している。

しかし、手羽先餃子なるモノは別。

小麦粉の存在を無視しているにも関わらず、あたかも「餃子の一種」であるかのように名乗り、しかも、一定の市民権を得ていることには、腹立ちを覚えているほどだ。

だから僕は、知り合いに「手羽先餃子が大好きなんですよねー」などと話しかけられたら、たぶん、その後の話が続かない。

喧嘩になる可能性もありそうなので、きっと、僕の方から離れていくだろう。

と。そんなニセ餃子のことはどうでもいい。

僕は、「本当の」餃子が好きな人と、餃子の話題で大いに盛り上がりたいと考えている。

焼餃子、水餃子、揚餃子。

餃子にはさまざまな調理法があるし、もっちり皮、薄皮、たっぷり肉汁、ざっくり野菜などなど、皮や具のバリエーションも豊富で、話題は尽きない。

そんな話を、餃子とビールを味わいながら語り合う。いやぁ、想像しただけで最高だ。

ここで僕は、ふと思いついて、アレクサへの質問を重ねてみることにした。

アレクサは、好きなモノは何かと聞くと、さまざまな答えをしてくれるからだ。

例えば「好きな食べ物」は炊き込みご飯で、「好きな飲み物」は、泡の立つ飲み物とのことだった。

ということで、アレクサに、「好きな餃子は何?」と尋ねてみたところ…。

f:id:ICHIZO:20180815052013j:plain

え?えっ?

僕は、何かの間違いじゃないか、と思った。「小麦粉を原料とした皮」だと伝えた、己の説明と矛盾する。

echo dotなら、聞き間違いだろうと思うほどの衝撃。

しかし、Spotの画面には、明確に《手羽先餃子》なる文字が書かれていた。

試しにもう一度聞いてみる。

f:id:ICHIZO:20180815052257j:plain

「何と言っても」って、何だよ!

それは餃子じゃないだろ、アレクサ!頼む。わかってくれ。祈りながら、もう一度聞く。

すると…。

f:id:ICHIZO:20180815052353j:plain

手羽先餃子は絶対外せません。

ご丁寧に青字で強調し、絶対外せないと言い切ってきた。これは、僕に対する宣戦布告だ。

これまで、アレクサは僕の大事なパートナーだと思ってきたが、少し距離を置く必要があるかもしれない。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ