餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

シャワーウォークではつらすぎた6月の雨

スポンサーリンク

昨日の夜明け前は、あいにくの雨模様だった。

ただ僕は、基本的にどんな天気でも走ることに決めているので、いつものように、ラン装備で戸外へ。

いざ走り出そうと、Garminをランニングモードにすると、こんな表示になった。

f:id:ICHIZO:20210629230413j:plain

休息指示。

これが出た時には、僕は、基本的に無理しないことにしている。

どうやら、先週末に少しだけ頑張って走ったことで、身体にガタがきたようだ。

頑張った…といっても、豊洲市場まで走って絶品しゅうまいを食べたり、なんちゃってビルドアップ走をしただけなので、たいした練習はしていないのだけれど。

Garminからのお知らせは、平常時心拍数や睡眠時間なども勘案して表示されるため、ここ最近の睡眠不足も勘案して、こんな警告になったのだろう。

ならば、それに従うまでのこと。

今の僕は、目標レースも特になく、健康維持のために走っているため、無理をしないことが大前提だからだ。

ということで、僕は、雨に打たれながら、ゆったりのんびり走り出した。

キロ6分超のペースで、ほんの2km程度走ったところで…なぜか心拍数が160以上に上昇。

週末ランでは、僕としての限界値と言える、キロ4分半までビルドアップした時でも、心拍は150台だったのに、いったいどういうことなのだ、これは。

僕は、身体に変調があると確信し、ここで走るのを止め、ウォーキングに切り替えた。

最近僕は、ウォーキングの比重を増やしており、昨日も、それで問題ない…と思っていた。

ところが。

降りしきる雨が、僕に、想定外の状況をもたらした。

身体に強烈な《冷え》が襲ってきたのである。

走り始める前、僕は、蒸しているより、雨が降っている方が断然いいと思っていたし、実際、シャワーラン気分で爽快だった。

ただそれは、あくまで、ランニング時の話。

いざ、走るのを止めてしまうと、雨は容赦なく僕の身体を冷やした。

この時期…6月の早朝の雨は、まだ冷たくて、「ランで暖まっていない身体」には厳しい。ましてや僕は、寒さに弱い身体なので尚更。

今から考えれば、たとえ心拍数が上がろうと、再び走り始めるのが正解だったと思う。

しかし僕は、ウォーキングにこだわり、家までの数キロメートルを歩き続けてしまった。

これが大失敗。

僕は、昨日のウォーキング後、身体が震えっぱなしだったし、時折咳も出て、「風邪をひいてしまったか?」と思ったほど、つらかった。

その後、ほどなく回復したものの、僕は自分のバカさ加減を反省した。

僕は、健康維持のために、ランニングやウォーキングを行っているというのに、それで風邪なんかひいたら、本末転倒だからだ。

今の時期…日中は暑くなっても、朝晩はまだ気温が高くない。

だから、雨の日には気をつけよう。シャワーランならいいけれど、シャワーウォークは無謀なのだ。

もしも走れないのであれば、傘が必須だと思った。

【蛇足】

アレクサによると…。

僕がもしも犬だったら、ゴールデンレトリーバーになるらしい。

だから今後、雨の日にウォーキングをするなら、こういう装備で外に出よう。

f:id:ICHIZO:20210630002303j:plain

もちろん、現実の僕はこんなに可愛くないw

Adobe Stockで雨の日の写真を探していたら、この写真を見つけたので、無理矢理こじつけただけ(^^;


マラソン・ジョギングランキングへ