餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「三番@阿佐ヶ谷」のニンニクパンチ餃子で餃ビー!

スポンサーリンク

前回のあらすじw

JR中央線の阿佐ヶ谷駅北口にあるスターロード。

その小道に連なる飲食店街を抜けた果て。「三番」に僕は辿り着いた。

店の佇まいは、縦から見ても横から見ても、昭和の町中華といった趣で、僕はそれにグッと心を惹かれた。

ビールを飲みながら、まずは、「ニラ玉野菜炒め」を注文すると、それは、僕の想像していたものとは異なっていた。

「ニラ玉」と「野菜炒め」が、別々に調理されて融合した、三層構造の料理だったのだ。

僕は大きな衝撃を受け、そして大いに感動した。

f:id:ICHIZO:20200922154046j:plain

町中華の神髄!阿佐ヶ谷「三番」の《ニラ玉野菜炒め》に感動した夜 

ニラ玉野菜炒めの感動に浸りながら、僕は、もちろん焼餃子も注文していた。

僕の注文を受けると、やおら、ご主人は餃子を包み始める。

f:id:ICHIZO:20200923022126j:plain

こういった姿を眺めることができるのも、町中華の素敵なところ。

たとえ冷凍餃子だって、美味しければ別に問題ないのだけれど、《包みたて》の餃子には、夢がある。ロマンがある。

手際よく餃子を包んでいくご主人の姿に、僕は思わず痺れてしまった。

そして。

f:id:ICHIZO:20200923022233j:plain

焼餃子がやってきた!

f:id:ICHIZO:20200923050448j:plain

ということで、ビールを追加w

ニラ玉野菜炒めがあまりに美味しすぎたので、僕は、それだけで1本を飲みきってしまっていたからである。

正直な第一印象を書くと、餃子のビジュアルはイマイチな気がした。

焼き目は若干焦げ気味(僕はその方が好みだけれど)だし、並べ方も不揃い。餃子のフォルムにも、これといった大きな特徴はない。

しかし、重要なのは、見かけよりも味だ。

そんなことを思いながら囓ってみる。

f:id:ICHIZO:20200923045321j:plain

ニンニク!

いやはや何とも、どうにも凄まじいニンニクだった。

ニンニクは、大きな塊が入っているというわけではないが、野菜と一緒に細かく練り込まれ、その存在を強烈に主張している。

野菜のザクザク感もしっかり残っているが、ニンニクのパンチが凄すぎて、その味わいが薄らぐほど。

旨い、というよりも、苦い、といったほうがいいかもしれない。

f:id:ICHIZO:20200923050207j:plain

酢醤油をつけると、そんなニンニクのパンチが弱まり、若干食べやすくなった。

そして、ニンニクに慣れてきたら、美味しいと思えてきた。

野菜ザクザク&ニンニクたっぷり系の具は、もともと、僕の好きなタイプの餃子なのだ。

疲れた身体には、こういったパンチの効いた餃子が合うかもしれない。

そう思いながら、僕はビールを呷った。


マラソン・ジョギングランキングへ