餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

石神井公園の中と外。「星に願いを」ラン。

スポンサーリンク

7月7日。七夕。この日もまたまた雨だった。

夜明け前から走り続けて、僕がようやく辿り着いた場所は…。

f:id:ICHIZO:20190711041638j:plain

石神井公園だった。

東京都内では、よく知られた大公園で、僕も、かなり昔に1度訪れたことはあった。

しかし、既にその記憶は薄れており、しかも、ランニングをしたことはなかったので、今回は、ランナーとしての初訪問。

前日の駒沢オリンピック公園に続いて、僕にとっては、《新規開拓》エリアだった。

ただ、最初、僕はこの入口ではなく、裏口(?)のようなところから入ってしまったため、ちょっと勝手がわからなかった。

しかし、迷っていても始まらない。

相変わらず雨は降り続けていたし、ここでちょっとしたトラブルもあって焦ったが、とりあえず、中へ。

f:id:ICHIZO:20190711042242j:plain

園内には、とても大きな池があった。

f:id:ICHIZO:20190711042619j:plain
水鳥たちが、気持ちよさそうに泳いでいる。

僕も、そんな情景を眺めながら、気持ちよく走れ…なかった。

この公園コースは、悪路としか思えなかったからだ。

f:id:ICHIZO:20190711043458j:plain

道幅がそれほど広くない上に、石畳。

これはまだいいとしても…。

f:id:ICHIZO:20190711043645j:plain

不整地も多く、しかも水たまりだらけ。

いやはや、ここはランニングに向いてない。少なくとも雨の日は。

f:id:ICHIZO:20190711043848j:plain

歩道に人がいないのをいいことに、水鳥たちは、陸に上がってのびのび活動中。

僕はそんな鳥たちを恨めしく思いながら、とりあえず走った。

f:id:ICHIZO:20190711044242j:plain

f:id:ICHIZO:20190711044125j:plain

園内には、星に願いをこめた、沢山の短冊が吊されていた。

もしも無地の短冊があったなら、僕も願いを書いて吊したかった。

星は全く見えなかったけれど、でも、願わずにはいられなかった。

「雨よ、止んでくれ」と。

僕は、雨の日のランが嫌いじゃない。この時期の雨は、蒸し暑いより断然良いので、むしろ歓迎。

とはいえ、これだけ連日続くと流石に飽きたし、とにかくこの公園の道は走りにくかったからだ。

…そんな僕の祈りも空しく、この日の雨は、全く止むことがなかった。

しかも、時折強くなってきたので、僕は心が折れかけた。

折角、夜明け前から走ってきたのだから、公園ランを楽しまなきゃ損だとは思ったけれど、でも、これでは全く楽しめない。

ということで、僕は公園の外に出て、退散する方向で駅へ向かおうとした。

すると…。

f:id:ICHIZO:20190711045657j:plain

こんな表示を発見。

ん?ランニングコース?1500m?なんだこれは。

そう思いながら、道に沿って250mほど走ると…。

f:id:ICHIZO:20190711045915j:plain

こんな看板を発見。

なんと、公園の「外」にランニングコースがあったのか!

これは、あとで調べて知ったことなのだけれど、この公園は、園内が走りにくいため、その《外周》に1,750mのコースが用意されていたのである。

事前に調べておけば簡単にわかったことなのに、僕は、自分のズボラさ、バカさ加減を呪った。

しかし、まぁ、現地にいる間に気がついてよかったかもしれない。

そのまま帰宅して、家でその事実を知ったら、ショックで倒れ込んでいただろう。

ということで、僕は、気を取り直した。

f:id:ICHIZO:20190711050420j:plain

コース案内板の前にあった、スタート地点から、再び走り始めることに決定。

苦心して作られたランニングコースという感じで、途中は、住宅の脇なども通っていく。

決して走りやすいとは言えないが、でも、公園の「中」よりは断然マシだった。

前日の駒沢公園と違い、ガチなランナーの姿は見かけなかったが…。

f:id:ICHIZO:20190711051535j:plain

傘をさしながら走っている人がいた!

これは、僕のゴミ袋スタイル以上に奇異なのではなかろうか。

いやぁ、相当走りにくいと思うんだけれどなぁ。そんなに濡れたくないなら、走らなきゃいいのにw

などと思いながら、僕は、このコースを3周程度走り、フィニッシュ。

ゴールインのご褒美は…。

f:id:ICHIZO:20190711052015j:plain

もちろん餃子おにぎりだ。

これは、公園に向かうランの途中、夜明け前のローソンストア100で購入したもの。

最後の1周では、雨の中を、手に持ちながら走ったため、表面のシールが濡れて剥がれてしまった。

しかし、《餃》という漢字は、《それ一文字で餃子》と言ってもいいぐらい、餃子度の高い文字だから、問題ないw

僕は、餃子おにぎりで癒やされながら、石神井公園ランの感慨に耽った。

雨さえ降っていなければ…ランニングコースだけを走っていれば…悪くない公園だと思うので、機会があれば、また訪れたい。

西武鉄道池袋線「石神井公園」キーホルダー Ver.2

西武鉄道池袋線「石神井公園」キーホルダー Ver.2

 

マラソン・ジョギングランキングへ