餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

狂気の沙汰!「全国同時ノーマスクピクニック」騒動が引き起こす悪夢

スポンサーリンク

「全国同時ノーマスクピクニックデー」なるものが開催されるというニュースを知った時、僕は、目を疑った。

何かの間違いではないかと思った。

しかし、間違いではなかった。今でも、そのイベントを知らせるWebページは存在していたからだ。

f:id:ICHIZO:20210420003117j:plain

曰く…。

2021年5月1日(土)・2日(日)に、全国各地でノーマスクピクニックを楽しむイベントです。老若男女、どこでもどなたでもご参加頂けます!

日本全国1つ空の下、同じ想いの人たちが繋がり合い、新鮮な空気を吸って、素顔で笑い合い、楽しく遊びませんか?

あり得ない!

いったいなんなんだ、このイベントは。

頭がおかしいとしか思えない。これはもはやテロ行為だ。

僕は、マスクが万能だとは思っていないし、屋外の公園であれば、「三密」にはならないだろうから、屋内よりは安全だとは思っている。

しかし、それはあくまで比較の問題。

ウィルス感染が再拡大に向かいつつある今、なぜ、わざわざ、マスクを外して集まることを煽動するのか。

このWebサイトは、作成者が不明で、どう見ても怪しい。

単なる愉快犯の書き捨てネタだろうから、普通ならば誰もがスルーしただろう。

しかし、それが大きなニュースネタになったのは、ノーマスクピクニックのイベント会場として、《実在》の公園が集合場所として指定されたこと。

今はもう削除されていて確認できないが、集合場所として、都立砧公園や大阪城公園などが掲載されていた。

もちろん、公園側は「全国同時ノーマスクピクニック」などというイベントを認めていない。

例えば砧公園のWebサイトには、このようなお知らせが掲載されている。

f:id:ICHIZO:20210420013108j:plain

砧公園|公園へ行こう!

しかし、今回、イベント場所に指定されてしまったことで、公園の事務局には、クレームや問い合わせが殺到しているようだ。

僕は、関係者の方々が気の毒でならない。

Twitterでは、「#全国同時ノーマスクピクニックデー」というハッシュタグをつけたツイートが、大量に拡散されている。

その大部分は、企画への非難であるけれど、しかし僕は、大いに恐怖を感じてしまった。

とにかく話題にさせること。それが、この愉快犯の《思う壺》だと思うからだ。

たとえマイナスの論評であっても、それが大量に拡散されてしまえば、そのぶん、非常識な人たちの目に留まる確率も高まる。

「屋外だから安全だ!」「マスクなんて不要なんだよ!」と考える人たちが、この機に乗じて集まってくる可能性があるから、本当に怖い。

今回の騒動が生じたことで、僕は、別の恐怖も感じている。

新型コロナウィルスに関しては、未だ終息の見通しがたっていない。

現状、政府がとっている対策が効果的とも言えず、賛否両論がある。

そんな不安定な状況に乗じて、今後も、さまざまな「愉快犯」「お騒がせ野郎」が出てくる悪夢だ。

「全国同時ノーマスクピクニック」の思いつきやWebサイトは、非常に陳腐なものだが、それでも大きな騒動になった。

だから今後は、もっと凝った形で、世間を混乱させるような輩が出てくる可能性があり、僕は、それを大いに心配している。

杞憂に終わればいいのだけれど…。

f:id:ICHIZO:20210420004726j:plain


マラソン・ジョギングランキングへ