餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

爽やかすぎる!横山武史騎手、皐月賞勝利ジョッキーインタビュー

スポンサーリンク

いやぁ、なんという爽やかさだろう。

昨日の皐月賞、エフフォーリア号で圧勝した横山武史騎手のインタビューを見て、僕は大いに驚いた。

マスク越しでも、満面の笑顔が伝わってくるほど、感激に満ちあふれたインタビューだ。

G1レース初制覇、それも、クラシックレースである皐月賞を制したのだから、嬉しい気持ちはわかる。

しかし最近は、若くても、落ち着いた感じの受け答えをする選手が多いから、実に新鮮。

見ている人を幸せにしてくれるような、最高に素晴らしいインタビューだったと思う。

たまには、こんな若者がいてもいい。

僕は今、馬券を全く買わなくなってしまったので、昨日の皐月賞も、1円も購入していない。

ただ、10年前ぐらいまでは、毎週どっぷりと競馬に嵌まって散財していた。

僕が競馬にのめりこんでいた頃、一番好きなジョッキーは、横山典弘騎手だった。

長年、関東のリーディングジョッキーとして君臨し、武豊騎手とも、数々の名勝負を繰り広げている騎手だ。

その相性は「ノリ」で、50代の大御所になった今でも、競馬ファンからは、「ノリ」と呼ばれて親しまれている。

横山武史騎手は、そんなノリの息子、三男。

競馬はブラッドスポーツと言われるけれど、それは、馬の話だけじゃなく、騎手にも繋がっているのだなぁ…と思う。

奇しくも、ノリが初めて牡馬クラシックを制したのも、皐月賞。

f:id:ICHIZO:20210419021518j:plain

1998 皐月賞 セイウンスカイ 優勝騎手インタビュー- YouTube

このインタビューを見ていたら、横山武史騎手は、ノリの明るさを引き継いでいるのだなぁと実感。

最後になってしまったが、圧巻だった皐月賞のレースもご紹介させていただこう。

この映像が、JRA公式のものとして、YouTubeに配信されているのだから、いい時代になったものだ。

f:id:ICHIZO:20210419023244j:plain

フィニッシュ後、「まず1冠だ!」と、天に1本指を上げた後に、ガッツポーズ。

この仕草が、ノリを彷彿させて、オールド競馬ファンにはたまらない^^;)

さぁ、この後は、日本ダービーが待っている。

圧倒的1番人気は必至なので、プレッシャーも半端じゃないと思うが、真のスターならば、きっと乗り越えられる筈。

ダービー後にも、最高のインタビューが見られることを祈りたい。

f:id:ICHIZO:20210419024327j:plain


マラソン・ジョギングランキングへ