餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や将棋の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

史上最強の《お風呂読書》ガジェット!Kindle Oasisがamazon初売りセールで5,000円オフ!!

スポンサーリンク

「紙の本」は、水に弱い。

だからもちろん、湯船につかりながらの読書は困難だ。

しかし僕は、子供の頃から、浴室に本や雑誌を持ち込んでは、ふやけさせたり、水没させたりして、ダメにしたことを思い出す。

僕は、湯船にゆったりとつかりながら、読書を堪能したかったのだけれど、「紙の本」の制約は、そんな僕に何度も絶望をつきつけた。

しかし、時代は変わった。

今は、防水のガジェットを持ち込めば、湯船の中でも自由に「電子書籍本」が読める。最高だ。

防水対応のガジェットは数々あるけれど、単純に、シンプルに、読書を楽しみたいならば、やっぱり、Kindleに叶うものはない。

僕は、昨年、Kindle Oasisをゲットして以降、実に快適に読書を行うことができている。

Kindle Oasisは、Kindleシリーズにおけるフラッグシップ、最高峰のモデルで、以下の大きな特徴がある。

Kindleシリーズ最大のディスプレイ(7インチ)

・高解像度(300ppi)

最高のフロントライト(LED 25個)

・色調節ライトつき

明るさの自動調節機能

自動画面回転機能

ページ送りボタン

上記赤字で記した部分は、Kindleシリーズの中で、Oasisが最高性能を有しているもの、あるいは、Oasisのみに搭載された機能だ。

KIndleシリーズにおいては、最も売れ筋モデルであるKindle Paperwhiteが、昨年リニューアルされて、大幅に性能が向上。

フロントライトのLED数が5個から17個になり、色調節ライトもついた。

シグニチャー エディションならば、明るさの自動調節機能も有している。

Kindle Oasisに迫る機能となってきており、それでいて、価格は1万5千円程度。(シグネチャーエディションは2万円弱)

それに対してKindle Oasisは、最も安い設定でも3万円弱なので、その差は非常に大きい。

Kindle Paperwhiteは、Kindle Oasis同様、IPX8等級の防水対応だから、浴室内でも自由に使うことができる。

だったら、Kindle Paperwhiteの方がいいじゃん、と思われるかもしれないが、こと、《お風呂読書》に限っては、Kindle Oasisに絶対的な優位性がある。

それは何か。

f:id:ICHIZO:20220105051613j:plain

ページ送りボタンの搭載だ。

これは、Kindle Oasisのみに搭載された機能だが、本当に、最高に、凄まじく快適。

僕は、これがあるだけで、Kindle Oasisを買う価値があると思っている。

Kindle Oasisでは、タッチ操作におけるページ送りも可能であるが、浴室内でのような水に濡れる環境においては、その操作がうまくいかないことがある。

概ね問題ないのだけれど、僕は、 しばしばストレスを生じる。

些細なことではあるが、リラックスタイムに生じるストレスは、ちょっと微妙だ。

その点、ページ送りボタンならば、全く心配はいらない。

いやぁ、物理ボタンって、なんて素敵なんだろう。

しかも…。

Kindle Oasisは、その画面サイズがKindle Paperwhiteよりも大きく、かつ、物理ボタンを有しているのに、Kindle Paperwhiteよりも軽い!(Kindle Oasis 188g/Paperwhite 205g)

浴槽内でガジェットを手に持って読書をする場合、もちろん、できるだけ軽い方がいいに決まっている。落下の危険性が減るからだ。

その点でも、Kindle Oasisは申し分ない。最高。

そう思いながら、僕は毎日Kindle Oasisで《お風呂読書》を楽しんでいる。

そんなKindle Oasisが、今、amazonの初売りセールで特価になっている。

f:id:ICHIZO:20220104205113j:plain

Amazon.co.jp: Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 wifi 8GB 広告つき 電子書籍リーダー + Kindle Unlimited(3ヵ月分。以降自動更新) : Amazonデバイス・アクセサリ

ストレージサイズや、接続方法、広告の有無などによって価格の差はあるけれど、どのモデルも5千円引きなのでお得だ。

Kindle本が読み放題になるKindle Unlimitedが3ヶ月間(2,940円分)無料でつけることも可能。*1

思う存分、ありったけのお風呂読書を堪能できるので、「今」「どうしても」その体験をしたい人には、超オススメだ。

ただ…。

ちょっと気になるのは、発売後2年半以上経っていること。

前述の通り、Kindle Oasisはフラッグシップモデルだから、今もなお、Kindleシリーズで最高の性能を誇っている。

しかし、いつ次世代のモデルが出てもおかしくないタイミングであり、今回の初売りセールは、旧モデルの在庫処分的な意味合いが強いと思う。

次世代のモデルでは、新Kindle Paperwhite同様、USB-TypeCを搭載してくる可能性が高いし、ワイヤレス充電(新Kindle Paperwhiteシグネチャーエディションで採用)にも対応してくるだろう。

その他のバージョンアップも含め、圧倒的ナンバーワンの新Kindle Oasisに生まれ変わる筈なので、もしも史上最高のKindleを、最新の性能で味わいたい人は、もう少し我慢をしておいた方がいいかもしれない。

amazonでは、毎年6月に会員最大のセール「プライムデー」が開催されるため、その前あたりに発表される可能性が大だ。

その内容によっては、僕も、現Oasisから乗り換えようかとも思っている。

 

f:id:ICHIZO:20220104204646j:plain

*1:自動更新となっているが、設定で簡単に解除できるので、心配はいらない。


マラソン・ジョギングランキングへ