餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Kindle Oasisがやって来た!

スポンサーリンク

嬉しくてたまらない。

Amazon Prime Dayで注文した、Kindle Oasisが届いたからだ。

当初の予定では、11月7日以降出荷ということだったのだけれど、納期が大幅に前倒しされ(amazonの場合、たまにこういうことがある)先週末にゲットした。

ということで、早速今週から使い始めているのだけれど、いやぁ、これが想像以上の素晴らしさで、流石はKindleのフラッグシップ!と言えるガジェットになっている。

Kindle Oasisの価格は、僕の注文したモデル構成(32GB/広告なし)だと、通常34,980円。

Amazon Prime Dayの大セールで、1万円引きの24,980円となったが、それでもかなりの高額。

この値段を出すなら、格安のAndroidタブレットでも買った方がいいのではないか…?と思う人がいるかもしれない。

タブレットにKindleアプリを入れれば、Kindle本を読むことは可能。しかも、その液晶はカラーだ。

Kindle Oasisは、「本を読むことしかできない」上、「モノクロ画面」なのに、いくら何でも高すぎる…と、思う人もいるだろう。

しかし、もしも読書が好きなのであれば、絶対にこの値段は高くない!

と、僕は断言する。

いやぁ、買って良かった。本当に良かった。心からそう思う。

質感、視認性、デザイン、防水、レスポンス…そして、物理ボタン。快適な読書を堪能するための全てが、このKindle Oasisには詰まっているからだ。

読書週間に、これほどふさわしいガジェットが、他にあるだろうか。(いや、ない。)

僕は、まさに、本のオアシスに辿り着いた、という感動で、胸がいっぱいになっている。

その素晴らしさについては、書きたいことが多すぎて、すぐにはまとめきれない。

あらためてじっくりと語らせていただくことにしたい。

f:id:ICHIZO:20201028020522j:plain

Amazon.co.jp: Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 wifi 32GB 電子書籍リーダー


マラソン・ジョギングランキングへ