餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「iPhone SE」×「iFace Reflection」コンビのプラスマイナス

スポンサーリンク

iPhone SEに、iFace Reflectionケースを装着するようになって、1週間が経つ。

ケースの特徴については、ゲット時のエントリーで詳しく書かせていただいているが、僕は、もう、このケースの虜だ。

僕は当初、このケースはランニング時だけに利用しようと思っていたのだけれど、あまりに気に入ったので、その後も常用している。

それまで使っていた、 レイ・アウト社のハードケースの方が、圧倒的に薄くて軽いのだけれど、でも、僕は戻れなかった。

やっぱり、売れているケースには理由がある。ダテじゃない。そう思った。

何より素晴らしいのは、「装着しているだけで安心」だと思える、その力強さ。

サイドのバンパー部分も、背面のガラス部分もとにかく重厚で、iPhone SEをしっかり守ってくれている、という印象を受ける。

落下試験は行っていないけれど、これなら落としても絶対大丈夫な筈、という安心感を醸し出す。

これは、スマートフォンを利用する上で非常に重要な要素だ。

また、これは使ってみてわかったことなのだけれど、「手触りがいい」というのも大きなポイント。

このケースを装着すると、iPhone SEの前面も、背面もガラスになる。これが、心地よさの証だ。また、サイドのグリップ感もたまらなくいい。

だから僕は、ヒマさえあると、iPhone SEの筐体を握りしめたくなってくるほどw

また、あらためて「デザインが素晴らしい」と思った。

特に、背面ガラスはくっきり鮮やかで、iPhoneカラーの魅力も、Appleロゴも際立たせてくれるからだ。

以前のエントリーで書かせていただいたように、ストラップホールもあるし、ワイヤレス充電にも対応。

堅牢性、実用性、デザインを完備した、素晴らしいケースだと思う。

ただ僕は、何もかもが素晴らしいと手放しで喜んでいるわけじゃない。

このケースを使っていると、僕がどうしてもモヤモヤしてしまうことがある。

云いたいことを1行で表すと、以下の通り。

それは、iPhone SEっぽさが消えてしまう、ことだ。

僕は初代iPhone SEからのユーザーで、初代のiPhone SEは、何よりそのコンパクトさと軽さが魅力だった。

第2世代の新SEは、初代と異なり、iPhone 8ベースの筐体になってしまったが、それでも、やはり、現iPhoneの中では、最もコンパクト。

その薄さと軽さが、iPhone SEの大きな主張だと思う。

しかし、いったんこのケースを纏ってしまうと、その主張が消えてしまうのだ。

僕は、何か、別のiPhoneを入手したんじゃないかという錯覚に陥ってしまうほど。

堅牢性の高いケースを装着したのだから、使用感が変わるのは当たり前だろと言われるかもしれない。そんなのは、このケースに限らない話だろうと。

まぁ、確かにそうなのだけれど、僕はこれまで、iPhoneに対して、こんなにゴツいケースを装着したことがなかったので、どうしても気になった。

特に、iFace Reflectionは個性が強いケースなので、尚更そう感じる。

f:id:ICHIZO:20200606184305j:plain

背面を眺めていると、AppleとiFaceのロゴが共存しており、なんだか、重装備を纏ったコラボモデルなのではないかとも思えてしまう。

それはそれで素敵なのだけれど、やっぱり僕は、コンパクトさが恋しくなってきた。

レイ・アウト社のハードケースに戻せば、iPhone SEらしさは取り戻せるが、堅牢さと言う点では不安が残る。

ということで、僕は、別の選択肢を検討してみることにした。

(以下、続くw)


マラソン・ジョギングランキングへ