餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「フジサン・デリ」の2Fに登って、富士登山競走を語ろう!

スポンサーリンク

押上。スカイツリーの麓。

f:id:ICHIZO:20190806031809j:plain

そこから約5分歩いたところが、僕らの目的地だった。

f:id:ICHIZO:20190806032245j:plain

店の名は、「フジサン・デリ」。富士山料理をテーマにした店だ。

その入口には、富士山の看板イラストと赤い暖簾。

それをくぐって入店すると、暖かい店員さんの笑顔に迎えられた。

店の1Fは、テーブル席が並んでおり、ごく普通の居酒屋的な雰囲気だったが、僕らが予約していたのは、2Fだった。

階段を上る。

f:id:ICHIZO:20190806033139j:plain

そこには、別世界が広がっていた。

まるで、富士の麓の旅館に訪れたかのように、ゆったりとくつろげる雰囲気。

しかも2Fは貸切空間なので、この日の僕らは、存分にくつろぐことができた。

部屋の中は、不思議なオブジェが満載。

f:id:ICHIZO:20190806034104j:plain

こんなものや…。

f:id:ICHIZO:20190806034130j:plain

こんなもの。(ちょっと怖い^^;)

f:id:ICHIZO:20190806034206j:plain

なぜか、パチンコ台も用意されていた。

この日は使わなかったけれど、電源を入れれば、普通に使うこともできるようだった。

これらのオブジェが「富士山」と関係あるのかどうか、よくわからない。

でも、この日集まった僕らは、「富士山」と大いに関係があった。

そう。

かつて富士登山競走を完走したランナー、そして、今年の富士登山競走に出走したランナーたちが集合したのだ。

企画者である僕は、富士登山の「富」も経験したことがないのだけれど、憧れのレースなので、いつか登れる日を夢見て、メンバーを募った。

そして、錚々たるラン仲間がフジサン・デリに集まったのである。

今年の富士登山競走は、天候不順のため、五合目打ち切りとなってしまった。

だから、残念ながら、富士山の頂上に辿り着くことはできなかったが、その分、「フジサン・デリ」の2Fに登って憂さ晴らしだw

ということで…。

f:id:ICHIZO:20190806035918j:plain

まずは、乾杯!

僕らは、富士登山について、そして、さまざまなランについて、大いに語り、盛り上がった。

お酒のお供に食べた料理たちも、また、最高。

「フジサン・デリ」と名乗る店だけに、そのメニューは、もちろん富士山にまつわるものが中心だったが、この店の《売り》は、それだけではなかった。

(以下、続く…) 

富士登山パーフェクトガイド (大人の遠足BOOK)

富士登山パーフェクトガイド (大人の遠足BOOK)

 

マラソン・ジョギングランキングへ