餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

富士山に救われた足柄峠走~静岡マラソン3週前

スポンサーリンク

静岡マラソンまで、あと3週間になった、先週末の土曜日。

僕は、足柄峠に繰り出した。

僕が崇拝している、岩本能史先生の「限界突破マラソン練習帳」では、《勝負レース3週前の峠走》を推奨しているからだ。

僕は普段、この練習帳通りの練習がこなせているわけではないのだけれど、でも、やっぱりこの点だけはこだわりたかった。

最近、ろくにロングランをしていないので、スタミナ切れが心配だったけれど、練習でもこなせないようでは、本番でさらに苦しむことは必至。

ということで、僕は、例によって早朝から足柄峠に向かうことに決めたのである。

f:id:ICHIZO:20200217045234j:plain

行きの御殿場線車内では、その車窓から、朝焼けに輝く富士山が見えた。

僕は、それを見て、大いに胸をときめかせた。

足柄峠走では、その頂上にあたる希望の丘から、富士山を見渡すことができる。

しかし、僕は最近、その素敵な情景からフラれ続けていたからだ。

麓から富士山が見えた日でも、いざ昇ってみると、雲がかかっていたりすることもあったので、も油断はできない。

ということで、ドキドキしながら上り始める。

f:id:ICHIZO:20200217045258j:plain

麓から9km地点。地蔵堂への分岐点で定点観測をした。

気温は7℃。風もあまりなく、絶好のランニング日和だ。

しかし、最近、あまりハードなトレーニングをしてない僕には、とてもつらく、このあたりから、まともに走れなくなってきた。

f:id:ICHIZO:20200217045319j:plain

傾斜14%。最もきつい地点では、ベタ歩き状態。

いやはや本当につらくて、正直、引き返して帰りたくなったほどだ。

しかし、高い電車代を払い、時間をかけて足柄峠まできた以上、途中で引き返すのは、あまりに勿体ない。

しかも、山頂では、久しぶりに富士山が拝めるかもしれないのに、そんな機会を逃してなるものか。

僕は、そんな一念で、老体にムチを打って足を進め、ついに…。

f:id:ICHIZO:20200217045340j:plain

 希望の丘に到達!

f:id:ICHIZO:20200217045403j:plain

富士山が見えた!!

いやぁ、この瞬間をどれだけ待ち侘びたろう。

足柄峠走で富士山を見ることができたのは、いったいいつ以来なのかと思い、ちょっと調べてみたら…。

この時以来、なんと2年半ぶりだった。

以降僕は、10回ぐらい連続してフラれていたので、本当に、格別の、最高の富士山だった。

この日は、コンデジを持って走ったので、思いっきり近寄ってみる。

f:id:ICHIZO:20200217045429j:plain

最高だ!!!

雪のベールをしっかり纏っていて、2年半前に見た、夏の富士山とは違った趣がある。

あぁ、遠征して良かった。昇りきれてよかった。僕は、心からそう思った。

静岡マラソンは、富士山のお膝元で開催されるレースだから、当日、晴れていれば綺麗な情景を拝むことができるようだ。

僕はそれが、大いに楽しみになった。天気に恵まれることを祈りたい。


マラソン・ジョギングランキングへ