餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

足柄峠(の途中まで)走…。

スポンサーリンク

昨日。11月2日の早朝。

僕は、久しぶりに足柄峠の麓に佇んでいた。

f:id:ICHIZO:20191102162127j:plain

天気は、申し分のない秋晴れ。

空気も澄んでいて、涼しく、最高に清々しい朝だ。

僕がここを訪れるのは、今年の四月以来。

あの時は、桜に癒やされながら、気持ちよく走り抜けたことを思い出す。

僕は、今回も気持ちよく走れると思ったし、さらに期待していたことがあった。

足柄峠走のゴール地点、足柄万葉公園にある「希望の丘」からは、富士山を見渡すことができる。

最近は、雲がかかっていて見られないことが多かったのだけれど、今日こそは、素晴らしい富士山を眺められる!と、思っていたのだ。

ということで、僕は、やおら登りだす。

いつになく足が軽い。呼吸もそんなに苦しくない。この調子なら、峠走歴8年目にして、初めて、歩かずに頂上までたどり着けるんじゃないか?

そんな思いさえ、抱いた。

ところが…。坂の途中に、悪夢が待っていた。

麓からの9km地点直前。

僕が、峠走時にいつも定点チェックしている、気温表示板のある場所で、僕は、衝撃の情景を目にする。

f:id:ICHIZO:20191102162758j:plain

気温は、11℃。

ランニングするには申し分のない条件で、この気温ならば、ここから先も、気分良く走っていくことができる筈だった。

気温表示板の手前に、こんなトラップがなければ…。

f:id:ICHIZO:20191102162819j:plain

この先、土砂崩れ通行止め。

あぁ…。僕は、自分の馬鹿さ加減を呪った。

どうして気がつかなかったのだろう。

「あの」台風19号は、関東各地に甚大な被害をもたらした。

だから。

山岳地帯での土砂崩れは、当然あり得るシチュエーションだったのだ。

あれから、まだ3週間しか経っていないのだから、回復していなくても、全く不思議はない。

事前に下調べさえしておけば、足柄峠走などできないことは、チェックできた。

だからこれは、完全に僕のミス。痛恨の失態だ。

あぁ、早朝から何時間もかけて、ここまでやってきたというのになぁ…。

僕は、「通行止め」看板の前で、大きく溜息をついた。

しかし、悔やんでばかりいても始まらない。

山頂までは行けなくなってしまったものの、それでも十分登ってはきている。

だから思いっきり下っていけば、スピード練習にはなる筈だ、と。

そして、その推論は間違ってはいなかった。

f:id:ICHIZO:20191102163837j:plain

昨日の高度推移。

通行止めさえなければ、700メートル以上まで登るため、それに比べれば物足りない。

しかし、街なかでは、ここまでの坂道練習はできないので、そう考えれば決して無駄ではない。

そして…。

f:id:ICHIZO:20191102164015j:plain

下りでは、キロ4分20秒台で走ることもできた。

チームはてブロの皆さんには「下り坂でそんなタイムしか出せないのか?」と、笑われるかもしれない。

けれど、鈍足の僕にとっては、十分に快速と言えるペースで、いい練習になったと思う。

f:id:ICHIZO:20191102162848j:plain

頂上まではいけなくても、17kmを気持ちよく走れたので、個人的には満足している。

でも、次回、この地を訪れる時は、やっぱり、足柄万葉公園までたどり着きたい。

 


マラソン・ジョギングランキングへ