餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

日本一の餃子が帰ってきた!「東亭」復活!!

スポンサーリンク

ここ数ヶ月の間、僕は、ずっと切ない思いを抱いていた。

僕の餃子店ランキング*1において、東京で一番、いや…日本で一番だと思っている、池袋の「東亭」が、突如休業になってしまったからだ。

その理由については、明白。

半年前、僕がこのエントリーで危惧したことが、現実になってしまったのである。

「マツコの知らない世界」に登場してしまったことで、僕は、その未来に大きな不安を抱いている。

今回のマツコ激賞に伴う、大混乱、パニックは必至だと思うからだ。

何とか、この荒波を無事に乗り切ってくれることを、心から祈りたい。

荒波は壮絶で、しかも、途絶えることがなかった。

もともと人気店であり、味については申し分ないのだから、口コミによる評判も加わって、行列状況は悪化するばかり。

その結果…。

しばらくするとランチ営業がなくなり、お持ち帰りのみに限定。しかも、不定期営業となってしまった。

ただ、僕はそれでもいいと思った。

混乱が収まるまで、無理のない範囲で営業してもらって、落ち着いてきたら、少しずつ広げてもらえばいい。そう感じていたからだ。

しかし、事態はそれで収まらなかった。

僕は、時々、夜明けランのコースに、「東亭前」を組み込んで、店舗に掲示される貼り紙を確認していた。

貼り紙には、最新の情報が掲示されるため、営業形態の変更などを掴んでおく必要があったからである。

その内容は、6月以降たびたび更新されたが、その後は、僕にとって、衝撃的な告知に変わっていった。

7月になると、「8月末まで休業」の案内が掲示。

そして、それがいつしか「無期限休業」のお知らせに変わってしまったのである。

再開の見通しが立ちましたら、お知らせ申し上げますので、しばらくの間ご猶予ください。

僕は、これに大きなショックを受けてしまった。

「8月末まで休業」となる寸前に、僕は、店のご主人と話をさせていただいている。

その際に伺った話はここに書かないけれど、「休業も仕方ない」と思えるものだった。

だから僕は、全てがうまくいって、8月以降に、無事復活することを信じ、祈っていたのだ。

しかし、無事8月末に復活…とはならず、無期限休業になってしまったことは、僕にとって、計り知れないショックとなった。

その後、僕は、夜明けランで「東亭前」を組み込むたびに、貼り紙を確認していた。

ただ、9月になっても、10月になっても、そのお知らせの内容は変わることがなかったので、僕の不安は募る一方だった。

だから。

昨日の夜明けランで、久しぶりにこの店の前を通り、この貼り紙を見て、思わず大きな雄叫びを上げそうになった。

f:id:ICHIZO:20181103152143j:plain

おぉぉぉぉ。

f:id:ICHIZO:20181103152252j:plain

ついに復活だ!

火曜と金曜の16時~18時のお持ち帰り限定。

1週間で、たった4時間だけ!という恐ろしく高いハードルの営業形態になってしまったが、それでも、僕は、復活してくれた喜びの方が断然大きかった。

あぁ、信じていて良かった。待ち続けていてよかった。そして、本当に、本当に、ホッとした。

週4時間でいい。いや、1時間だっていい。身体に無理なく、営業をしていただけることが僕の最大の望みだったからだ。

いやぁ嬉しい。本当に嬉しいなぁ。

【追記】東亭関連最新エントリー(2019/04)

*1:と偉そうに書くほど、餃子店を知っているわけではないけれどw


マラソン・ジョギングランキングへ