餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

筒井康隆先生のスペシャルトークが、YouTubeで限定公開!

スポンサーリンク

先月末。

僕は、松山市で開催された筒井康隆先生のスペシャルトークイベントに参加した。

これは、「没後20年 真鍋博2020」関連イベントとして企画されたもので、筒井康隆先生が、真鍋博画伯の思い出を語った内容になっている。

僕は、その時のことを、このエントリーで詳しく書いた。

イベント中の写真撮影は禁止だったため、僕は、先生のトーク写真を掲載することはできなかったものの、ダイジェスト動画をご紹介させていただくことができた。

イベント当日の夜、NHKのローカルニュースで、2分ほどその模様が放映され、さらに、NHKのニュースサイトでも公開されたからだ。

僕は、エントリー内にリンクを貼り、スペシャルトークの余韻に浸っていた。

しかし…。

その後、当該のページは消去されてしまい、僕が貼ったリンクもNot Found状態になってしまった。

だから僕は、ちょっと落ち込んでいたのだけれど、そんな僕に朗報が届いた。

「真鍋博2020」の主催者が、その映像をYouTubeチャンネルにアップしてくださったのだ。 

 没後20年 真鍋博2020関連イベント「筒井康隆氏スペシャルトーク」

この動画では、サプライズ発表された新作(川のほとり)朗読の部分はカットされているものの、筒井先生の入場/退場シーンを含め、45分間の内容が収録されている。

僕は、それを見ていたら、当日の感動が甦ってきて、胸が熱くなってきた。

この動画は、永久保存版だ!

…と、言いたいところなのだけれど、残念ながらNGだった。

これは、「真鍋博2020」開催期間に限っての限定公開で、展覧会終了後は削除予定だということだったからだ。

展覧会の開催は、11月29日までなので、今月いっぱいぐらいでは消えてしまうのだろう。

だから、このイベントに行けなかった全国のツツイストの方々は、ぜひ、早めのチェックをオススメしたい。 

【補足】

筒井康隆先生のWeb日記「偽文士日碌」によると、新作短篇(川のほとり)は、「新潮」2021年2月号に掲載予定とのこと。

筒井康隆、自作を語る (ハヤカワ文庫JA)

筒井康隆、自作を語る (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者:筒井 康隆
  • 発売日: 2020/06/04
  • メディア: 文庫
 

 f:id:ICHIZO:20201122192514p:plain


マラソン・ジョギングランキングへ