餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「Unihertz Titan」来週出荷開始!マニュアル公開!!

スポンサーリンク

クラウドファンディングサイトの Kickstarterから、胸躍るメールが届いた。

僕が出資している Unihertz Titanの最新ニュースだ。

メールのサブジェクトは、「Shipping will start next week!」となっており、その証拠を示す写真も付与されていた。

f:id:ICHIZO:20191213034620j:plain

f:id:ICHIZO:20191213034715j:plain

出資してから4ヶ月。

夢見続けたUnihertz Titanが、いよいよ「本当に」出荷となるのだ。

クラウドファンディングによる電子機器の場合、当初の計画通りに生産が進まないこともままあるが、このTitanに関しては、至って順調に、出荷段階まで到達した。

ワクワクせずにはいられない。

Unihertz Titanは、来週から出荷開始ではあるが、生産地から出資者に直接送付されるわけではない。

まず、US / EU / JP、および香港の倉庫にまとめて送られ、そこから各地の出資者宛に再出荷される。

日本の出資者に対しては、当然、日本の倉庫から出荷となる。

その点については、以前のメールでも案内されており…

僕は、「日本語の」住所も登録済みだ。

追跡番号などは、日本の倉庫に到着次第、確認できるようになるとのこと。

海外からの出荷と違って、日本国内からの出荷となれば、やきもきする必要はない。あとは、その日を待つだけだ。

今回のメールには、《住所登録エラーになっている出資者リスト》も添付されていたため、念のため、僕はもう一度それを確認してみた。

もちろん、その中に僕の出資番号は存在しなかったから、今月中に、間違いなく、僕の住所宛にUnihertz Titanが届く。いやはや、その日が本当に待ち遠しい。

また、今回のメールには、英文のユーザーマニュアルが完成した旨の案内も付与されていた。

それは、Web上に公開済みとのことだったため、僕は、早速確認してみた。

110ページにも及ぶ、ボリュームたっぷりのカラー版マニュアルだ。

これは英文のマニュアルだけれど、日本語版のマニュアルも、今後公開されるのだろうか?

たぶんそれはないような気がするが、別にそれでも困らない。

英語の勉強も兼ねて、マニュアルを眺めながら、実機の到着を待ちたい。


マラソン・ジョギングランキングへ