餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

僕が「iPhone SE」のバッテリ交換を決意した理由

スポンサーリンク

それを思いたったのは、先週末。土曜日のロングラン後だった。

この日僕は、早朝から走っているため、家を出た時は、iPhoneのバッテリは100%だった。

ロングラン…と言っても、たった15kmを走っただけで、時間的には、1時間半程度。

それなのに、走り終えた時、僕のiPhone SEのバッテリ残量は、40%になってしまっていた。

40%あれば、まだ大丈夫と思われるかもしれないが、これは危機的な事態だった。

僕のiPhone SEは、バッテリが50%を切ると、さらに急激消耗する状況になっていたからだ。

画面を見つめて、瞬きをしているうちに、1%、また1%とバッテリが減っていく有様。

僕は、思わず「タイマーかよ!」とツッコミを入れたくなった。

持参していたモバイルバッテリで、急遽充電して救われたが、ランニングする際、常にモバイルバッテリを帯同させるのは面倒だ。

この日は、バッグを持参し、それをグラウンドの片隅に置いて走っていたので、バッテリを持参しても負担にならなかったが、身軽に走り始めたいときもある。

ということで…。

僕は、ようやく「バッテリ交換」に踏み切ることにした。

しばらくの間、騙し騙し使い続けてきたが、いくら何でも、もう限界、と思えてきたからだ。

僕のiPhone SEのバッテリは、以前、Appleが認めた不具合で無料交換を行っている。

2018年1月の話だ。

この時は、無料で《新品》のバッテリに交換してもらったのだけれど、思えば、それから約2年が経過しようとしている。

いつの間にか、そんなに時間が経っていたのか…。道理でバッテリも劣化するわけだ。

僕は、2年ぶりのバッテリ交換に備えて、AppleのWebサイトを確認してみた。

iPhone SEの場合、バッテリ交換料金は、税込5,940円。

決して安いとは言えないが、思ったほど高くもない。

配送修理を依頼すると、7 〜 10 営業日かかってしまうが、直営のAppleストアに行けば、当日修理も可能な筈。

ということで、僕は、Genuis Barを予約して、Appleストアを訪れる予定でいたのだけれど…その計画は頓挫した。

昨年、僕のiPhone SEは、北海道マラソン後に浸水し、非正規業者にてディスプレイ交換を行っている。

この時はとても助かったのだけれど、ここにトラップがあった。

どうやら、1回でも非正規業者に修理を依頼してしまうと、どうやらApple公式の交換サービスは利用できなくなってしまうようなのだ。

バッテリは、その性能がとても重要だから、できれば、多少お金がかかっても、正規のものに取り替えたかったんだけれどなぁ…。

できないものは仕方ない。

ということで、僕は、別の選択肢をとることにした。

(以下、続く。)

Deepro iPhoneSE バッテリー 交換 大容量 - 1800mAh 3.82V PSE認証済 固定用両面テープ付き 2年保証

Deepro iPhoneSE バッテリー 交換 大容量 - 1800mAh 3.82V PSE認証済 固定用両面テープ付き 2年保証

  • 出版社/メーカー: 株式会社ディープロ
  • メディア: エレクトロニクス
 

f:id:ICHIZO:20191214055844p:plain

 


マラソン・ジョギングランキングへ