餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「あの」水玉服で走ってみた

スポンサーリンク

昨日の河川敷ランは、このデザインの服で走った。

f:id:ICHIZO:20180819162935j:plain

今回は、北海道マラソンの1週前ランだったから、この服で走る意味がある。

ネイビーの地に水玉模様。どこかで見たようなデザインだけれど、「これ」は「アレ」ではなく、ランニングTシャツの一部。

そう。

北海道マラソンのリピーターなら誰でも知ってる、「あの」30周年記念大会の参加賞だ。

f:id:ICHIZO:20180819164858j:plain

とっても斬新なデザインだったので、受けとった時にちょっと驚いたことを覚えている。

正直に言うと、僕は、このデザインがあまり好きではなかった。

若い女性には好まれるのかもしれないけれど、僕のようなオッサンが着るにはちょっと…というデザイン、色合いに思えたからだ。

僕が一番好きな北海道マラソンの参加賞Tシャツは、2012年大会のこれ。

f:id:ICHIZO:20180819165417j:plain

白地に青の爽やかなデザイン。キャッチコピーも格好よくて素晴らしい。

僕が、どれほどこれを気に入っているかというと…。

このコンテストで2位を獲得したほど。(←それがどうしたw)

だから、今回も道マラに向けての気分を高めるため、このTシャツで走ろうと思ったのだけれど、考え直した。

ZOZOスーツの流れで、最近は、水玉ブームが来ている(ホントか?)らしいし、そう考えて眺めてみると、1回ぐらいは着てもいいかと思った。

ということで、夜明けの河川敷を、僕はこれで走ってみたのだ。

途中、何度か、すれ違った人に笑われたような気がしたのだけれど、それはいったいどういう意味だったのだろう。

よくわからない。

伊藤園 不二家 レモンスカッシュ(缶)350ml×24本

伊藤園 不二家 レモンスカッシュ(缶)350ml×24本

 

 


マラソン・ジョギングランキングへ