餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

最高すぎる!チームはてブロ in 北海道(シューズ円陣篇)

スポンサーリンク

8月27日、朝4時半。

f:id:ICHIZO:20170901035155j:plain

朝焼けの空。その天空には、明けの明星。

夜明け前、いつものランニングロードや荒川河川敷で走っている時、何度も僕の心を支えてくれた情景だ。

しかし、馴染みの情景であっても、この日は、特別。

そう、北海道マラソン当日の朝だったからだ。

僕はやっぱり暑くなりそうだなぁと思いながら、レース支度に取りかかり、その数時間後、目的地に向かった。

Yoshi2488(id:yoshi-sloth)さんが告知してくださった、シューズ円陣の待ち合わせ場所だ。

北海道マラソンのスタート地点にほど近い、大通西2丁目。

当日はランナーでごった返している場所だし、僕にとっては、Yoshi2488さんを含め、初めてお目にかかる方が多いので、見つけにくいかも…?とも思ったが、それは全くの杞憂だった。

f:id:ICHIZO:20170901035917j:plain

この幟のおかげで、すぐに発見。

「Team Hatena Blog」

はてブロランナー公式。Tシャツと共通デザインの素晴らしい幟だ。

We run to eat & drink freely!

という、キャッチコピーにも痺れる。

貫禄や伝統さえ感じるような幟なのだけれど、その歴史は、古くない。

もともとは、今を遡ること、たった3ヶ月前。

びあーさん(id:beer_beer)さんの、このエントリーからスタートしたものだった筈だ。

しかし、ここから、あれよあれよと進行。

びあーさんと共同でデザインを手がけられた、さつか (id:satsuka1)さんが、あっという間に「はてブロTシャツのページ」を作成され、販売がスタートした。

なんという企画力、行動力!!

僕はどちらも皆無に等しいので、ただただ尊敬、敬服するばかりだった。

Tシャツのお披露目も兼ねたオフ会は、サロマウルトラの前日だったため参加できず痛恨。

しかし、商品はもちろん注文。

公式2種のTシャツに加え、ノースリーブもオーダーさせていただいた。

そのはてブロTと同じデザインが輝く幟を目指し、僕は走った。

そして、皆さんとご挨拶。 

f:id:ICHIZO:20170901035935j:plain

Yoshi2488さん、びあーさん、MacRun(id:MacRun)さん、たけのこ(id:bambooshoot07)さん、きなとも (id:kina_tomo_yu)さん、おいやん (id:oiyan-run)さん、チャーリー(id:besmart-chari)さん、そして僕。(順不同)

はてブロランナー8人が集合してのシューズ円陣。いやはや圧巻だ。

この他、皆で揃って記念写真も撮影。

ただ、レース直前ということもあり、この時点では、殆どお話ができず、僕は、まだ顔と名前が一致しない方もいた。

しかし、皆が「はてブロT」を着て、同じレースに臨むという点で、僕らはもう、素敵な、最高のチームだった。

レース後も同じ場所に集まることを約束し、いったん解散。

僕も、スタート地点近くの整列場所に向かった。 

f:id:ICHIZO:20170901035949j:plain

気温は既に23℃。

日差しはかなり強く、暑くなりそうな気はしたが、それでこそ北海道マラソンだし、この時点では、それなりのタイムで走れると思っていたんだけれどなぁ…。

(以下、レース回顧を保留して、打ち上げ篇に続く予定w)

 


マラソン・ジョギングランキングへ