餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ありきたりな設定なのに、斬新で楽しい「パーム・スプリングス」のタイムトリップ

スポンサーリンク

これぞSFラブコメディ!と言える映画がやってきた。

f:id:ICHIZO:20210411201337j:plain

タイトルの「パーム・スプリングス」は、アメリカ、カリフォルニア州にある、大リゾート地の名前。

この映画は、そこで開かれた結婚式の日を舞台に描かれる。

映画のストーリーは単純で、ひとくちに言ってしまえば、SF映画によくある「タイムループ」ものだ。

1983年に上映された「時をかける少女」(原田知世主演の実写版)以来、日米の映画で、数限りなく上映されてきたテーマになる。

タイムループのパターンは色々あるが、この映画では、《寝たり死んだりすると、結婚式当日の朝に戻ってしまう》のが特徴。

同じ1日を永遠に繰り返すタイプで、設定としての目新しさはない。

だからなのかもしれないが、この映画の主人公であるナイルズは、すっかり開き直っていて、劇中でこんなことを言ったりする。

f:id:ICHIZO:20210412020542j:plain

いやはや何とも、人を食った説明だ。

それもそうだろう。

ナイルズは、この映画による物語が始まる前から、既に、何十万回も同じ日を繰り返して過ごしているのである。

現状を達観し、絶望し、ただ気楽にビールでも飲んでいたくなる気持ちになるのもわかる。

しかし、この映画で語られる「特別な1日」に、変化が起きる。

妹の結婚式に出席していたサラが、とあるきっかけから、《タイムループ》仲間になってしまうのだ。

この展開がなんとも斬新。

既に何十万回も同じ1日を繰り返してきたナイルズにとっては、もはや日常であっても、サラにはそれが耐えられない。

だから…。

f:id:ICHIZO:20210412021903j:plain

何度も何度も、そこから抜け出そうと努力することになる。

しかし、結局うまくいかないので…。

f:id:ICHIZO:20210412023549j:plain

というのが、この映画の大きなポイントとなる。

f:id:ICHIZO:20210412023830j:plain

繰り返される1日を謳歌するナイルズとサラ。

ここらあたりまでは、予告編で明らかになっている情報だが、実際は、それぞれに隠された謎がいくつもあり、捻りが利いている。

映画は、ひたすら同じ1日を繰り返すため、展開によっては飽きそうになってしまうのだけれど、飽きない。

後半は、「あぁ、そういうことだったのか!」ということで、ピースが繋がり、爽快な気分になる。

解決方法が「おぃおぃ!」という気がしないでもないけれど、なんだか許せてしまう居心地の良さが、この映画には漂っている。

ラストシーン後のエンドロールでも、「にやっ」とする展開が待っているので、途中で席を立たないように。

タイムリープは、もちろんSFの世界だけの話だが、コロナ禍に伴い、在宅で同じような1日を繰り返し飽きてきている人も多いのではなかろうか。

この映画は、そんな人たちへの清涼剤になるような気がする。

オススメ。

f:id:ICHIZO:20210412025406j:plain

映画『パーム・スプリングス』公式サイト | 大ヒット上映中!


マラソン・ジョギングランキングへ