餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ランニング時に最適!Marathon(マラソン)という名のBluetoothヘッドホン

スポンサーリンク

音楽なしでは走れない。

ガチなランナーならば、B.G.Mなどなくてもストイックに走れるのかもしれないが、僕は、単なる餃子好きの、なんちゃってランナーなので、ランニング時の音楽は不可欠。

好きな音楽を気持ちよく聴くために、走っていると言ってもいいぐらいだ。

音楽を聴く際は、Bluetoothヘッドホンも欠かせない。

僕がもっぱら愛用しているBluetoothヘッドホンはこれ。

3,000円程度の安価なヘッドホンなので、音質はそれなりだし、遮音性も低い。しかも、音漏れが結構する。

だから、通勤時などの利用には向かない。

しかし、こと、ランニング時の利用においては、これほど使いやすいヘッドホンはないと思う。

屋外ランニングで使う分には、多少の音漏れは問題ないし、遮音性の低さはむしろプラス。

外の音もしっかり拾ってくれるから、車の音や自転車のベルなども聞き漏らさず、安全に走れる。

僕が何より気に入っているのは、その軽さ(38g)と装着性。

耳の穴に入れるタイプと違って、耳との相性を気にしなくて済むのがいい。

利用する際は、ちょっと捻って耳に引っかけるだけなので、実に簡単で快適。

眼鏡とも干渉しないし、ランニング時に誤って外れてしまうこともない。走りながら、ボタン操作がしやすいのも魅力だ。

バッテリのもちもなかなか良くて、1回充電すれば、1週間のランニング(累計70km程度)で利用できる。

耐水性は《防汗》レベルとなっているが、僕は普通にシャワーランでも使っており、これまで、それで問題が起きたことはない。

流石、Marathon(マラソン)というネーミングはダテじゃない。

ランナーにとっては、いいことずくめのBluetoothヘッドホンなのだ。

f:id:ICHIZO:20210413040906j:plain

外箱と内容物一式。

ヘッドホン本体に加えて、ハンディケースと、充電用のmicroUSBケーブル、予備の耳パッド、しっかりした日本語つきの解説書がついている。

これは、新品購入時に撮影した物ではなく、今回エントリーに合わせて揃えたものなので、耳パッドなどが多少折れてしまっているが、実際は、もっとしっかりしている。

microUSBケーブルは、付属品でなくても、汎用の物が使えるため、これまで眠らせていた。

僕は、このヘッドホンを何度も買い直しているから、付属品は結構余っているのだ。

何度も買い直している理由は、その耐久性にある。

1年以上使い続けていると、耳かけの部分が疲弊し、うまく装着できなくなってくる。

それでも無理して使い続けると、だんだん緩んで、最終的には折れてしまう。

このヘッドホンにとって、唯一の弱点と思える点だ。

僕は、折れたタイミングで、一時期、他のものに乗り換えたことがある。

しかし、それでやっぱり「Marathon(マラソン)が最高!」と実感。

3,000円程度で、1年以上は快適に使えるのだから十分元はとっている。

だから、消耗品と割り切って、折れるたびに、このMarathon(マラソン)を買い直している。

昨年からのコロナ禍に伴い、マラソン大会とは縁遠い毎日になってしまったが、でも、僕にはMarathon(マラソン)がついている。

さぁ、今日も一緒に、夜明けの街へ繰り出そう。 

【蛇足】

今、amazonを眺めていたら、僕がいつも購入している「赤」モデルは2,999円だが、同一商品の「黒」モデルが、タイムセール中で2,549円になっていた。

f:id:ICHIZO:20210413021007j:plain

LEVIN Bluetooth ヘッドホン Marathon(ブラック)

たまには気分を変えてみるのもいいし、予備に買っておこうかと思う。


マラソン・ジョギングランキングへ