餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Lenovo社のスピード感と不透明感に抱くモヤモヤ感

スポンサーリンク

発売日は、5月26日。

僕はこの「ThinkPad トラックポイント キーボード II」を、《発売当日》に、《Lenovo社の公式オンラインショップ》で注文した。

事前予約は受け付けておらず、かつ、初回分が瞬殺したわけでもない*1のに、なぜか、その納期が4週間以上もかかるのが、そもそも大きな疑問だった。

僕は、「じゃぁ、いったい何のための発売日なんだよ!」と思った。

ただ、まぁ、この時は、まだ我慢できた。

ThinkPad トラックポイントキーボードの新モデルが出る、ということが、何より嬉しかったからだ。

7年ぶりの発売なのだから、それに4週間加わったところでたいしたことはないと思った。

とはいえ…4週間経っても5週間経っても、音沙汰なしの状態が続くと、流石に不安になってくる。

発売日から6週間になろうかという、先週末。

ようやく僕のところに出荷メールが届いた。

f:id:ICHIZO:20200707025020j:plain

f:id:ICHIZO:20200707025034j:plain

僕は、「遅すぎるなぁ…」という思いと、「やっと受け取れる!」という思いを抱きつつ、出荷メールを眺めた。

そして、次の週末にはこれを弄ぶことができそうだ、と嬉しくなった。

ところが。

メール内に記載されていた、《ご注文の配送状況》リンクをクリックして、愕然とする。

f:id:ICHIZO:20200707025757p:plain

7月15日到着予定…orz

さらに1週間以上も待たなければいけないのか。

《注文詳細》などと書かれているが、その内容はシンプルなもので、「発注」「発送」「到着予定」の表示のみ。

どこから発送されるのかの表示もない。

この画面には、追跡番号が記載されており、そこから、配送業者のリンクに飛ぶこともできたが…。

f:id:ICHIZO:20200707030536p:plain

ここでの表示も実に曖昧。

出荷地の明確な表示はなく、「lenovo工場」と記されている。

あとは、「お届け先」への配送予定日時が7月15日と書かれているだけだ。

lenovoの工場は、おそらく中国にあると思うのだけれど、中国内での移動状況や国外への出荷タイミングなども全て不明。

注文者に対して、発送の詳細をお知らせする気はさらさらないという、強い意志を感じる。

要は、「7月15日に届ける予定だから、あとは黙って待ってろ」と言わんばかりの表示だ。

しかし、海外からの出荷であるならば、やはり、その中間状況は知っておきたい。

今のままだと、たとえ途中で輸送事故があって、荷物が遅延していたとしても、僕にはそれがわからず、7月15日を過ぎるまで、問い合わせができないことになるからだ。

この表示は、「簡易輸送検索結果」となっていたため、僕は、日通ロジスティックス社のWebサイトで、詳細検索もしてみた。

しかしなぜか、僕の注文番号では、検索結果が表示されなかった。

僕は、「おかしいなぁ…?」と思ったが、元々の出荷メールに、その答えが書かれていた。

なお、配送状況の詳細は配送業者がお客様の商品を受領した後にご確認いただけるようになります。

配送状況の詳細を確認できるのは、商品受領後のみ!

詳細案内をしないのが《確信犯》となれば、もう、何を言っても始まらない。

eBayなどで注文しているならまだしも、日本国内の正規業者に、しかも商品発売日に注文しているのに、このスピード感と不透明感はあんまりだ。

僕は大いにモヤモヤしている。

モヤモヤそうだんクリニック

モヤモヤそうだんクリニック

 

*1:確証はないけれど、そうとしか思えない。


マラソン・ジョギングランキングへ