餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「Galaxy Camera」予備機を、今更ゲットした理由

スポンサーリンク

スマホ市場は日進月歩。

例えば、2012年発売のスマートフォンを振り返ってみると、それを強く感じる。

iPhoneだと「無印iPhone 5」、android端末で言えば、「Galaxy S III 」が発売された年。

その後、iPhoneは、6,7,8と後継機が出て、X系列の時代*1になった。「Galaxy S」シリーズも、すでにS9まで達している。

2012年発売の「無印iPhone 5」「Galaxy S III 」は、ともに最新OSのサポートを打ち切られてしまっている。

そんな時代の端末を、2019年に常用するのは、非現実的なのだ。

しかし。

僕は、その年に発売された端末を、未だ現役でバリバリ使っている。

そう。

Galaxy Cameraである。

androidスマートフォンでありながら、なんと、21倍の超望遠ズームを搭載した、実に斬新なガジェット。

発売から7年経った今でも、そのコンセプトは色褪せていない。

未だ《唯一無二》の、画期的なスマートフォンなのだ。

僕は、このガジェットをこよなく愛しているが、いかんせん、7年間酷使しまくり、落下もさせまくった(汗)ため、本体にかなり傷みを生じている。

だから、予備機をゲットしたいところだったのだけれど、それが実に困難だった。

結局日本で発売されなかったことと、唯一無二の希少性からか、中古市場は暴騰。

 f:id:ICHIZO:20190214041408j:plain

Samsung Galaxy Camera

こんな状況になってしまっているのだ。いやはや、これではとても手が出ない。

ということで、僕は諦めていたのだけれど、そんな時、ふと思いついた。

日本では一般発売されなかったため、品薄になっているけれど、世界市場にはあるんじゃないか…と。

はたしてそれは正解だった。

ということで、僕は…。

eBay経由でそれをゲットしたのである。

eBayでの落札価格は、GBP(イギリスポンド)86.88。日本円に換算すると、12,371円だった。

別途、日本への配送費がGBP 26.86 かかったが、トータルしても、日本円で1万6千円あまりなので、これなら十分安いと思った。

ということで、待ち侘びること2週間。僕はついにそれをゲットしたのである。

厳重な外装箱を開いてみると、それは、このような形で現れた。

f:id:ICHIZO:20190214042634j:plain

商品本体の外箱がなく、それは少し残念だったけれど、その代わり、純正のケースに収められているようだ。

これも開いてみる。

f:id:ICHIZO:20190214042921j:plain

おぉ!

2台目のGalaxy Cameraだ!

f:id:ICHIZO:20190214043056j:plain

表面的には、ほぼ新品とも言える感じで、美しい。ストラップが初めから装着されているのも好印象だった。

しかし、歓喜するにはまだ早い。

「ちゃんと起動するかどうか」が、僕にとっては、最大のテーマだったからだ。

ということで、ドキドキしながら電源ボタンを押すと…。

f:id:ICHIZO:20190214043459j:plain

長年見慣れた、この端末のロゴが表示された。

よっしゃ。起動したぞ!

f:id:ICHIZO:20190214043625j:plain

望遠性能が素晴らしいガジェットであることを示す、ロマンチックな画面も表示された。

この画面が本当に素敵なんだよなぁ…。

聞き慣れた起動音も、ひときわ心地良く響いた。

f:id:ICHIZO:20190214044037j:plain

イギリスから輸入した端末なので、初期設定画面の言語は英語になっていたが、何の問題もなかった。

f:id:ICHIZO:20190214044132j:plain

日本語も、ちゃんとある。

僕にとっては使い慣れた端末だから、その後の設定も楽勝だった。

設定後の利用も楽々。

「なんで日本で発売されなかったんだ?」と思うぐらい、普通に日本語で使える。とにかく、実に快適な端末なのだ。

僕は、自分で書いた7年前のエントリーを読み直しながら、再び、感動に酔いしれていた。

その後、数日使い続けているが、動作には全く問題ない。

海外オークションでの輸入ということで、ちょっと不安はあったけれど、完全に杞憂だった。

f:id:ICHIZO:20190214045213j:plain

新旧(正確にはどっちも旧w)端末の競演。

嬉しい。本当に嬉しい。予備機があれば、安心して使い倒せるし、色違いなので、気分によって使い分けることもできる。

いやぁ、最高だ。ゲットして、本当に良かった。

*1:iPhone 9というのは現状欠番となっているが、X系列の状況次第では、8の後継機として発売される可能性があると思う。


マラソン・ジョギングランキングへ