餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

たった6,000マイルで《羽田-広島》往復特典航空券ゲット!JAL「どこかにマイル」が最高すぎる件

スポンサーリンク

今月中旬。東京の緊急事態宣言が解けた瞬間。

僕は、旅に出ることを決めた。

たとえ宣言が解かれようと、まだまだ警戒すべき段階だということは理解している。

しかし、3月最後の週末は、僕にとっての大事な記念日を含んでいたため、どうしても「どこかへ」行ってリフレッシュしたかった。

特定の目的地があるわけじゃない。

今の僕は、旅することに飢えていたので、ここじゃないどこかへ行きたかったのだ。

だから、これに申し込むことにした。

f:id:ICHIZO:20210329005758j:plain

どこかにマイル - JALマイレージバンク

JAL「どこかにマイル」だ。

これは、たった6,000マイルで「日本のどこか」への往復特典航空券がゲットできるという、日本航空の大ヒット企画。

僕は、この企画がスタートした2016年末に、絶賛レビューをあげている。

それから4年以上経つが、今も、当時とほぼ同じ条件で継続しているのは、人気の証だろう。

ただ僕は、いつか「どこかでマイル」を利用しようと思っていたものの、なかなか実行できなかった。

1年ぐらい前までの僕は、貯めたマイルを海外旅行で使うべく努力していたからだ。

たった6,000マイルとはいえ、行き先不明の国内旅行に使う気持ちになれなかった。

しかし、潮目は変わった。

突如発生したコロナ禍に伴い、海外旅行どころじゃない時代になってしまった。

いくらマイルを貯めようが、しばらくの間、海外には行かれない。貯めたマイルには有効期限がある。

となれば、国内で使うしかないではないか。

僕は、やおら申し込むことにきめた。

希望日程は、3月27日(土)の朝出発、翌3月28日(日)の日曜夜帰着。

申込画面には、「新型コロナウイルス感染症の影響による運休や減便に伴い、かなりの制限が加わっている」との注意書きがあったので心配したが、選択は可能だった。

第一関門はクリア。

行き先はJALにお任せになるが、完全に不明というわけじゃない。申込の段階で、4つの候補が提示され、その《どこか》ということになる。

そしてその候補は、何度でも選び直すことが可能*1というのが魅力。

「この4つなら、どこに決まっても行ってみたい」という候補地が揃うまで、再選択を繰り返せばいいからだ。

最初のうちは、4つのうちに、必ず「中部国際空港」や「伊丹空港」が含まれていたので、何とかそれを外そうと、再選択を繰り返した。

僕は、名古屋も大阪も大好きだが、この2カ所は、電車でも飛行機でも安く行けるため、「どこかでマイル」の権利を使って行くには勿体ない。

ということで、何度も何度も再選択しているうちに、この4つが揃った。

f:id:ICHIZO:20210329020112j:plain

山口宇部、広島、出雲、沖縄。

どの地域も、通常ならば往復15,000マイルが必要になる場所。

僕は、山口宇部や出雲に、これまで行ったことがなかったし、広島や沖縄は、是非とも再訪したいと思っていた。

だから、この4つであれば、どこに決まっても旅を堪能できる筈。

ということで、僕は申込を決め、「いったいどこに決まるだろう」と、ワクワクしながら、結果発表を待った。

JALのWebサイトでは、申込から4日以内に行き先が決定されると案内されているが、申込の翌日には、すぐにメールが届いた。

メールで案内された申込番号をもとに、Webサイトで検索すると…。

【往路】

3月27日(土) JAL255便
東京/羽田 → 広島
定刻 08:40発 - 10:05着

【復路】

3月28日(日) JAL266便
広島 → 東京/羽田
定刻 19:55発 - 21:20着

広島だ!

出発便が早朝すぎることもなく、帰着便が深夜にかかることもない。

一泊二日の旅を、ゆったり、かつ、まるまる堪能できる旅程。最高じゃないか。

ちなみに、同行程をお金を払って実行しようとすると、格安運賃の「特便割引1」を使っても往復4万円近くかかるので、めちゃめちゃお得なチケットだ。

この「どこかにマイル」航空券は、一般の特典航空券と同様に使える自由度の高さも魅力。

ツアーによる旅行と異なり、座席の選択も可能だし、当日の空港で空きがあれば、クラスJシートへの変更も可能。

実際に僕は、往復とも、当日の空港で1,000円を払ってクラスJに変更。

最高に快適なフライトを堪能することができた。

「どこかにマイル」として利用できる席数には限りがあるということだから、いつでもこのようにうまくいくとは限らない。

しかし、たった6,000マイルで、通常数万円かかる場所への往復特典航空券をゲットできるというのは、実に魅力的だ。

今回、広島への旅行は、とにかく最高だった。

感染症の問題があるから、気楽に旅をするわけにはいかないけれど、状況を鑑みながら、また、どこかにマイルで出かけてみたい。 

*1:JALのWebサイトによると、選び直す回数には上限があるとのことだが、これまで試行した経験では、少なくとも10回以上の再選択は問題なかった。


マラソン・ジョギングランキングへ