餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

往復10,000マイルで行けるヨーロッパ!JAL「東京(成田)-ウラジオストク線」開設記念キャンペーンがお得すぎる!!

スポンサーリンク

いやぁ、これは驚いた。 

f:id:ICHIZO:20191030202027j:plain

東京(成田)-ウラジオストク線開設記念 特典航空券 ディスカウントマイルキャンペーン

来年から、JALがウラジオストク線を新設することは知っていたが、まさか、こんなにお得なキャンペーンが設けられるとは思わなかったからだ。

ウラジオストクは、日本から、たった2時間半で行ける極東のヨーロッパ。

位置的には完全にアジアなのに、その街並みは欧州。いやはや実に魅力的な都市で、僕は、いつか必ず行きたいと思っていた。

いや。

実を言うと、今年、S7航空を使って行く計画も立てていたのである。

S7航空は、JALも属するワンワールドアライアンスのキャリア。

僕は、ワンワールドサファイアのメンバーなので、その特典も行かせると思った。

ロシア旅行は、ビザの壁があって面倒だと思われがちなのだけれど、ウラジオストクへの出入国ならば、電子ビザ(e-VISA)だけで済むので、非常に簡単。

Webサイトから申請できて、手数料も不要。4日以内に発行されるから、もはや壁などないといってもいい。

僕は、取り急ぎ宿泊先を確保し、あとは航空券をとるだけ、というところまで、計画を進めていた。

しかし…残念ながら、諸般の事情で、今年のウラジオストク旅行は急遽断念。悔し涙に暮れたことを思い出す。

けれど、僕はすぐに気を取り直した。

JALが就航するのならば、今後、リベンジチャンスはいくらでもある。そしてもちろん、S7よりもJALの方がいいに決まっている。

ということで、もともと、来年2月28日からの就航を楽しみにしていたのだ。

JALの東京(成田)-ウラジオストク線は、そのフライトスケジュールも申し分ない。

就航開始(2/28)から1ヶ月間は週3日の運行だけれど、その後は、なんと毎日運行。しかも…。

f:id:ICHIZO:20191030211404j:plain

成田を、ゆったり11時20分の出発で、14時40分にはウラジオストク到着。(+1時間の時差を含む。)

帰りも、のんびり夕方の16時25分のウラジオストク発で、成田着は17時40分という素晴らしさ。

2泊3日あれば思う存分楽しめるし、 1泊2日だってそれなりに楽しめそうだ。

ということで、僕はもともと行く気満々になっていたのだけれど、この開設記念キャンペーンを見て驚愕した。

このキャンペーンは、成田→ウラジオストク便の特典航空券に関するものなのだけれど、そのディスカウントぶりが、実に破格だったからである。

f:id:ICHIZO:20191030212615j:plain

エコノミークラスの場合、なんと、片道5,000マイル。

往復でも、たった10,000マイルで、ウラジオストク旅行ができてしまうのである。

これは、東京から札幌や福岡へ往復する際の特典航空券マイル数(ディスカウントセール適用でも12,000マイル)より少ない。

いやはやこれは驚異的だ。

もちろん、特典航空券で購入できる枠は限られているため、争奪戦は必至。

じっくり旅行の計画を練って、キャンペーンの開始日(11月6日14:00~)に臨みたい。

日本から2時間半で行けるヨーロッパ ウラジオストクを旅する43の理由

日本から2時間半で行けるヨーロッパ ウラジオストクを旅する43の理由

 

マラソン・ジョギングランキングへ