餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

《Garminからのアドバイス》心拍数とボディバッテリー

スポンサーリンク

Garmin ForeAthlete 745は、実に多機能なスマートウォッチだ。

ランニングなどのアクティビティ実施時の測定機能は、もちろん申し分ないし、それに加えて、日常の歩数や心拍数、血中酸素濃度、睡眠までチェック。

それらを総合的に測定し、独自に「Body Battery(ボディバッテリ)」という指標を提供してくれる。

Suicaだって搭載可能なので、ランニング時の買い物も楽々。

僕にとっては、本当に、なくてはならないガジェットとなのである。

ただ、最近、ちょっと悩ましい事態が2つ発生している。

心拍数とボディバッテリの問題だ。

昨日。11月23日は、勤労感謝の日で祝日。

僕は、久しぶりに、たっぷり睡眠をとることができた。

いつもの夜明けランではなく、身体が十分に温まった午後。radikoでも聞き流しながら、ゆったりとロングランをするつもりだった。

ところが…。

わずか2kmをジョギングしていただけなのに、いきなり心拍数が上がった。

僕はランニング時、Garminの画面で常に心拍数をチェックできるようにしているため、その急上昇ぶりに驚いた。

ダラダラ走っているだけなので、全く呼吸は苦しくない。

それなのに、まるでスピードトレーニングをしているような跳ね上がり方をしたからである。

f:id:ICHIZO:20211124043105j:plain

ややもすると、150を超えそうになってしまったので、僕は、ここでランニングを断念。

f:id:ICHIZO:20211124043534j:plain

たった2.3kmでランニングを終え、ウォーキングに切り替えた。

身体は全く問題ないような気がしたのだけれど、心拍数の急上昇は、何らかのサインなのかと思うので、僕は、無理をしないことにした。

最近、僕は、どうにもこんな日が多いのである。

その後は、のんびりウォーキングをして心を休めた後、家でゆったり休養をとった。

しかし…。

なぜかストレスレベルは非常に高く、ボディバッテリの値は低迷するばかりだった。

f:id:ICHIZO:20211124044303j:plain

Garminからのアドバイスでは、「エネルギーが低い日」となっている。

だから、心拍数が上がってしまうことになったのだとは思うが、睡眠をとっても、ボディバッテリの値が戻ることはなく、低空飛行を続けている。

今年の夏ぐらいまで、こんなことはなかった。

f:id:ICHIZO:20211124044710j:plain

ボディバッテリが30以下に下がることはなく、睡眠をとれば、90以上まで回復していた。

毎日、きっちりと走っていたにもかかわらず、だ。

しかし最近は…。

f:id:ICHIZO:20211124044630j:plain

低迷ぶりが酷い。

それに合わせて、ランニング時の心拍数急上昇という現象も発生している。

これは、僕の身体の内側で、何か問題が起きていると言うことなのだろうか…?

Garminからのアドバイス、警告なのかもしれない。

一度、精密検査でもしてもらおうかと思っている。

f:id:ICHIZO:20211124045526j:plain


マラソン・ジョギングランキングへ