餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「地球代表」深浦九段が、「新・将棋星人」藤井二冠の20連勝を阻止!

スポンサーリンク

ここ半年間も続いていた藤井二冠の連勝が、ついに止まった。

昨日行われた、王座戦の決勝トーナメントで、深浦九段が、藤井二冠を撃破したのだ。

f:id:ICHIZO:20210506232645j:plain

第69期 王座戦 挑戦者決定トーナメント藤井聡太王位・棋聖 対 深浦康市九段 | 【ABEMA】

中盤までの評価値では、藤井二冠が優勢となっていたが、粘り強い深浦九段の差し回しに、勝負を決めきれず、形勢逆転。

そこからは、徐々に深浦九段がリードを広げて押し切った。

藤井二冠は、昨日の勝負で、将棋界初となる「二度目の20連勝」がかかっていた。

四段時代に記録した29連勝で、最多連勝記録を打ち立てたのは有名だが、今回の連勝は、当時よりも断然対戦相手が強い。

29連勝当時は、タイトルホルダーやA級棋士などとの対戦はゼロ。

しかし今回は、渡辺名人(三冠)や、豊島竜王(二冠)をはじめとして、A級棋士や、元タイトル獲得者たちをなぎ倒しての19連勝だから、その価値は段違いだ。

だからもう、そう簡単には止まらないのではないのかと思っていた。

しかし、深浦九段は、見事に藤井九段を撃破。対藤井戦は2勝1敗となり、藤井二冠に勝ち越しとなった。

これは、まさに快挙。

渡辺名人(三冠)も、永瀬王座も、羽生永世七冠も、藤井二冠には大きく負け越し中。

これまで、藤井二冠と複数回戦って勝ち越している棋士は、たった4人だけしかいないからだ。

【豊島竜王】 6勝1敗

【久保九段】 3勝2敗

【大橋六段】 3勝2敗

【佐々木(大)五段】 2勝1敗

このメンバーに、今回、深浦九段が加わることになる。いやはや、凄い。

深浦九段は、将棋ファンには、「地球代表」というニックネームで知られている。

このネーミングが生まれるまでには、さまざまな紆余曲折があったものの、最新の解釈としては、「地球を侵略しに来た将棋星人」である羽生善治先生に対峙するものとして定着した。

無敵の強さを誇る藤井二冠も将棋星人

深浦九段は、二代目「将棋星人」の藤井二冠に勝ち越したことで、「地球代表」の面目を保ったといえる。

また、同じく藤井二冠に勝ち越している、数少ない棋士のひとり、佐々木大地五段は、深浦九段と師弟関係にある。

このふたりは、《深浦一門》としてTwitterアカウントを設立。

f:id:ICHIZO:20210507003544j:plain

深浦一門 (@Fukauraichimon) | Twitter

タイトルページのバックには、地球の姿があり、まさに、地球防衛軍という趣だ。

弟子である佐々木五段は、昨晩、師匠の勝利直後にこう呟いている。

今度は弟子が、「元祖・将棋星人」の羽生九段と対決。

連日の地球防衛軍出陣になる。

果たして、再び地球は守られるのだろうか。

僕は羽生九段の大ファンなので、気持ちは複雑だが、その勝負には大いに注目したい。

将棋・終盤の教科書 (将棋の教科書シリーズ)

将棋・終盤の教科書 (将棋の教科書シリーズ)

  • 作者:深浦 康市
  • 発売日: 2014/05/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

マラソン・ジョギングランキングへ