餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

BlackBerry Torch 9800に揺れない心

スポンサーリンク

驚いた。
昨日1日で、なんと3人もの友人から「あの新しいBlackBerry買うんでしょ?」と言われたからだ。

僕は最初、「新しいBlackBerry」と言われたため、てっきり9700のことを言っているのかと思った。docomoから日本版9700が発売されたばかりだったからだ。
それで、友人に9700を示すと、「違う違う、スライドするとキーボードが出てくるやつ」と言われてしまった。もちろん僕はそのことは知っていたけれど、まさか一般層(?)にまで新BBのニュースが浸透しているなんて。ちょっと驚いた。
日頃、僕があちこちで「BlackBerryは素晴らしい」と主張しまくっているせいもあるのかもしれないけれど、想像以上に新しいBlackBerryは注目されているようだ。嬉しい。
ある友人からは「画面が大きくて、タッチできて、キーボードもあるなら、iPhoneとBlackBerryのいいとこ取りじゃん」とも言われた。この端末は、まさにその線を狙った物*1だと思うので、それで普及してくれるならば、BBファンとしては本当に嬉しい。
ただ…僕自身は、この端末に惹かれないのだ。
その理由についてはリーク時点でも書いたから、あまり細かくは述べないけれど、ひとつだけ言うと、僕は、BB9700を愛しているから、ということに尽きる。
BB9700は、「タッチ不要」の「ストレートQwerty」端末であることが最大の魅力。だから、タッチできることが僕にはプラスと思えないし、スライドはやっぱり面倒だからだ。
ただ、それはあくまで9700を中心とした思考なのだろう。今後全てのBBが「タッチ&スライド」前提になるということではない(と信じている)ので、全く別のバリエーションとしてはアリだとは思う。
僕も、実際9800の現物などを触ってしまうと、欲しくなってしまうかもしれないしw

*1:iPhoneとBlackBerryでは、OSもUIも違うので、実際にいいとこ取りとなるわけではない。ただ、「そう思わせる」ところが、マーケティング的には重要。


マラソン・ジョギングランキングへ