餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

VAIO type Pに感じる猛烈な葛藤

スポンサーリンク

何を迷う必要があるのか。
この衝撃だけで十分だ。心はノータイムで購入すべしと訴えている。興奮が止まらない。久々に、ソニーの本気を見た気がした。これは本当に素晴らしい商品だと思う。


ポケットにも収まる小さな本体 “ポケットスタイルPC”VAIO「type P」発売 | プレスリリース | ソニー

  • 秀抜なデザイン
  • マグネシウム合金の高級感溢れる筐体
  • 約600g*1という軽さ
  • 19.8mmという薄さ
  • 8インチの液晶では極限に近い1600×768の解像度
  • 十分なキーピッチ
  • スティックポイント搭載

ざっと見ただけでもこれだけの魅惑が溢れる上に、カスタマイズも自由自在で、1.86GHzのCPU、128GBのSSD、英語キーボードなどへの変更も可能。個人的には超ストライクゾーンのマシンだ。
しかし、どうしてもひとつだけ引っかかることがある。

このキーボードを打ちこなせる自信が持てないのだ。
「河馬三昧:アキバイズム@衣食住」主宰のid:kAbajyUさんが、さっそく実機に触れられ、詳細レビューをあげてくださっていたので、キータッチについて質問をさせていただいたところ、「ThinkPad 派には厳しい」感じとのことで…。
キーボードの形状から、ある程度想定はしていたものの、やはりそうだとなると、僕にはかなり重荷になる。僕はこれまで、IBM時代のThinkpadキーボードに惚れ込み続けてきた*2からだ。
このPCの魅力は数々あれど、やはりいつでもどこでも快適にキー入力できるという点を、僕はなにより重視したい。キータッチが受容できなければ、その夢は雲散霧消してしまう。慣れで何とかなるような気もするけれど、やはり、一度自分でも確かめておきたい。
しかし、そんな悠長なことを云っていられない事情もある。Sony Styleでは、今日の10時からVAIOオーナーメードモデルの先行予約が始まってしまうからだ。オニキスブラック色はオーナーメードでしか選べないし、SSDや英語キーボードへの変更も個人的に必須なので、僕の選択としてはオーナーメード以外にあり得ない。
初回分は速攻でなくなりそうな気がするから、もしもその入手を決断するなら、今日の昼休みがリミット*3だろう。ただ、自分でキータッチを確かめてみる前に決断すると、あとあと後悔しそうな気もするので…。猛烈に葛藤中。

*1:搭載ストレージやオプションによって多少異なる。

*2:もちろん今も使っていて、現在のメインノートPCは、2003年に発売された名機 X31。

*3:朝10時は仕事中なので勿論購入不可。どうして平日のこういう時間に先行予約を開始するのか理解に苦しむ。社会人軽視としか思えない。


マラソン・ジョギングランキングへ