餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

4年越しのリベンジ!「仙台国際ハーフマラソン」の参加案内が届いた!

スポンサーリンク

昨晩、帰宅すると届いていた。

f:id:ICHIZO:20170418053958j:plain

仙台国際ハーフマラソンの参加案内だ。

僕にとって、今シーズンのフルは、かすみがうらマラソンで終了したのだけれど、オフシーズンには入らない。

5月の仙台国際(ハーフ)、6月のサロマ(ウルトラ)、そして、8月には、北海道マラソンが控えている。僕にとって、新しいシーズンは、もう始まっているのだ。

かすみがうらは、ちょっと悔いの残る結果になったけれど、気持ちを切り替えて臨んでいきたい。

ただ…若干不安もある。

僕は基本的にフルマラソン志向が強く、ハーフ以下の短距離レースには殆ど出走したことがない。

僕に足りないのは、スピード、瞬発力なので、もっとそういったレースに出るべきなのだけれど、どうにも気持ちが乗らないのだ。

しかし、この、仙台国際だけはどうしても出場したかった。

今を遡ること4年前。僕がまだ、伸び盛りだった(?)時代。

あの頃は、どこでも走る意欲十分だったので、伝統あるこの大会に申し込んだ。

RUNNETで申し込み、入金も済ませ、あとは参加案内の到着を待つばかり、だと思っていたのに、なんと…。

 いきなり参加料が返金されてきたからだ。

ギリギリになったとはいえ、僕は入金期限内に支払ったのに、参加が取り消され、非常に理不尽な思いを抱いたことを思い出す。

しかも、バカ高いRUNNETの手数料だけは戻ってこないので、ぼったくりじゃないか!という気分にもなった。

だから、必ずリベンジ出走したいと思っていたのだけれど、ここ数年は都合が合わず、涙を呑んでいた。

しかし、今年は、何とか日程がとれそうなので、クリック合戦に参加。何とか権利を得て、さらに、前回の轍を踏まないよう、入金も早々に済ませた。

ということで、僕にとっては4年越しのリベンジレース。本当に楽しみだ。

f:id:ICHIZO:20170418054007j:plain

IDカードが同梱されていたことに、ちょっと驚き。

流石は、本格的な国際大会だ。僕がこれまでに出てきた大会で、こういったIDカードをもらったのは、フルを含めても別大だけ。

「選手 RUNNER」という文字を見ると、なんだか気分が高揚してくる。

f:id:ICHIZO:20170418054032j:plain

ナンバーカードも事前発送。

10:05スタートなので、朝東京を出発しても十分間に合う。ということで、僕は、今回、日帰りで予定を組んだのだけれど…。

f:id:ICHIZO:20170418054051j:plain

参加案内に同梱されていた、グルメ情報(クーポンつき)などを見ていたら、ちょっと悔しい思いがこみ上げてきた。

折角仙台まで行くのだから、前泊か後泊をして、現地の食を堪能したかったなぁ。特に…。

f:id:ICHIZO:20170418054107j:plain

こういった「日曜・祝日休」の餃子専門店情報などを見ると、尚更。

ただ、餃子店はこの店だけじゃない。

f:id:ICHIZO:20170418054117j:plain

レース当日のフードコートには、仙台名物となったあおば餃子も出るようだし、レース後、街に繰り出せば、きっと日曜でも開いている店がある筈だ。

僕は、ハーフマラソンが苦手なので、タイムはそれほど望めないと思うけれど、レース後の餃ビーを楽しみに、仙台を堪能したい。

 

るるぶ仙台 松島 宮城'18 (国内シリーズ)

るるぶ仙台 松島 宮城'18 (国内シリーズ)

 

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ