餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

未明の「華福」で味わう、圧巻羽根付き焼餃子の至福

スポンサーリンク

時刻は、午前4時。

そんな時間なのに、絶賛営業中の大山「華福」。

ただし、店内の客は僕ひとり。

ランニングスタイルの出で立ちで、いきなり飛び込んだ客を、暖かいおしぼりで迎えてくれた店員は、僕の注文をひたすら待っていた。

焼餃子か水餃子か…という究極の二択に心悩ませること、数分間。

僕は、ついに大きな決断をして、店員に注文を告げた。

それからしばし間が空いて、店員が「お飲み物はよろしいですか?」と告げてくる。

僕は、「はい、水をお願いします。」と答える。

以前は、こういったやりとりにちょっと躊躇いを覚えていた(飲み物などを注文しないと申し訳ないと思っていた)のだけれど、最近は、気にならなくなっていた。

僕がこういった注文を行うのは、もっぱら飲み屋じゃなく、あくまで中華料理店。

例えばランチタイムなどであれば、飲み物などは別途注文しないし、お通しだってない。そう考えれば、失礼にはあたらないと思う。

とはいえ。

今回は少し居心地が悪かった。まだ未明のこんな時間に、僕だけのために料理を作ってもらっているからだ。

ただ、店としても、暇を持て余しているよりは、ちょっとした刺激になって(?)いいだろう、と、勝手な解釈を行うことにして、僕は待ち続けた。

待つこと10分程度。

ついに、僕が待ち侘びたものが出てきた。

f:id:ICHIZO:20180424042351j:plain

焼餃子、来たーっ!

形はちょっといびつだけれど、圧巻の羽根がついた焼餃子の登場だ。

実は、待っている間も、厨房の奥から、じりじりと、皮の焼ける音が聞こえてきて、胸がときめいていたのである。

そんなワクワク感は、水餃子では得られない。

あぁ、焼餃子に決めて良かった、と思った。

f:id:ICHIZO:20180424042737j:plain

iPhone SEと比較すると、こんな感じ。

どちらかと言えば小ぶりで、サイズはそれほど大きくない。

ただ、1人前320円(税込)という価格を考えれば納得だし、僕だけのために作ってくれた手間暇を考えると、安すぎるとさえ思う。

さらに…。

f:id:ICHIZO:20180424042945j:plain

専用のつけダレまでついてきて、本格的だ。

僕は、餃子の羽根についてはあまりこだわりを持っていないし、「別になくても困らない」派。

ただ、この店においては、その羽根こそが重要な役割を持っていると感じた。

f:id:ICHIZO:20180424043216j:plain

羽根と焼餃子本体のバランスが絶妙なのだ。

餃子の皮のもちもち感と羽根のサクサク感。このバランスが実に素晴らしい。

羽根が大きくて食べ応えがあるため、そのコンビネーションが十分に堪能できる。

f:id:ICHIZO:20180424044158j:plain

餃子を囓ってみた。

下味はついていない…?かと思ったが、噛みしめているうちに、肉の旨味が溢れ出てくる。

小ぶりな餃子ではあるものの、具はしっかりと詰まっているし、実に満足度が高い。

羽根と皮の見事なコンビネーションに、具のジューシーさが加わり、まさに、三位一体。至福の美味しさだ。

f:id:ICHIZO:20180424044504j:plain

つけダレは、ちょっと甘め。

この餃子専用に作られているだけあって、これもまた素晴らしく、つけて食べると、さらに美味しさが引き立つ気がした。

こんな未明の時間帯に、たった320円で得られる幸せ。いやはやたまらない。

そんな思いを抱きながら、僕は焼餃子を完食。

あぁ、水餃子も、そして他の料理も食べてみたい…と思ったが、それ以上食べると、その後走れなくなってしまうような気がしたので、断念した。

しかし、この店は、ゆったりと、是非また訪れたいと思ったし、圧巻の羽根つき餃子には、絶対にビールが合う!筈なので、今度はゆったりと夕食でも食べに訪れることにしよう。

 

羽根つきチーズ餃子12個入

羽根つきチーズ餃子12個入

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ