餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Garmin 920XTJ、充電器に繋ぐとバッテリが減る怪現象発生…。

スポンサーリンク

愕然とした。

昨晩、充電器に繋いで眠ったGarmin 920XTJのバッテリが、今朝起きてみると大きく減っていたからだ。

繋いだときは、残量が90%近くあったのに、60%台になってしまっていた。充電器に繋いだら、逆に減るなんて。どう考えても異常。

僕は、焦って、充電器のケーブルにGarminを繋ぎ直した。

実を言うと、これまでにも何回か同じようなケースはあったのだけれど、繋ぎなおせば、しっかりと充電されるようになった。

だから今回も、その方法でうまく行く筈…と思ったが、いかなかった。

暫くたって確認してみると、また、バッテリが減っている。

いったいこれはどういうことなんだ!

僕は焦って、PCのUSBケーブルを繋ぎ替えたり、Garminを再起動させたりして対処した。

その結果、どうやら、その原因らしきものが判明してきた。

そして、今は悪戦苦闘しながら、充電を進めている。そのため、今日の夜明けランもできそうにない。

Garminのせいで走れないなんて、本末転倒で泣けてくる。

僕のGarminが充電されず、逆にバッテリが大きく減っていた原因は、以下のような現象で発生していた。

Garmin 920XTJは、通常、充電ケーブルに繋ぐと、待機画面のウオッチフェイスから、このような画面に変わる。

f:id:ICHIZO:20170824042522j:plain

これが、充電モード。

昨晩も、この画面になっていることを確認して眠ったので、僕は、もちろんフル充電されていると思ったのだけれど、なっておらず、愕然。

そして、その原因は、しばらくGarminと格闘していたら、判明した。

僕のGarminは、いったん充電モードに入るものの、その後、少し目を離していたら…。

f:id:ICHIZO:20170824043446j:plain

なんと、勝手にGPSを起動し、計測モードに変わってしまっていたからだ。

僕は、まさか充電ケーブルに繋いでいて、計測モードに入るとは思っていなかったので、僕はあらためて愕然。

計測モードになっていては、バッテリが減っていくのも当たり前。しかし、なぜそんなことになってしまうのか。

僕は少し悩んで、ハードリセットも実施。再設定など面倒くさいので、できれば避けたかったのだけれど、仕方ない。

これで解決するだろう…と思ったが、しなかった。

ハードリセット後、充電器に繋いでも、また、同様の現象が生じてしまうのだ。

ただ、それを何回か繰り返していると、1回だけ、長期間無事に充電されるタイミングがあった。*1

 いざ、しっかり充電モードに入ってしまえば、そのスピードは早い。

f:id:ICHIZO:20170824050749j:plain

ここまで回復したので、出勤前には100%に達するだろう。とりあえず今日は一安心。

だが…。不安は残る。

怪現象の原因は判明したものの、その対策がとれていないからだ。

今回は、たまたま再び充電されるようになっているが、いつ、また同様の現象が生じるか、全くわからない。

そう考えると、心は不安でいっぱいになる。

北海道マラソンまであと3日しかない、というのが、これまた最悪のタイミング。

僕は、Garminなしではペースメイクできない身体になってしまっているので、それがレースで使えなくなったら、目も当てられない。

だから本当に不安だ。

この絶不調は、もしかすると…。

これを買え!というフラグなのかもしれない。

しかし、レースを直前に控えたタイミングで、慣れない新端末に切り替えるのは、大きな戸惑いが生じるだろう。

だから、何とか、今週末までは、何とかこの920XTJに頑張って欲しい。

本番前には、まだ少し走る予定で、僕はその時にも、Garminを使うつもりだったし、そもそも、日常的な時計として、なくてはならないものになっている。

しかし、Garminをいつも通り使ってしまうと、当然充電が必要になり、怪現象の再発があり得る。

いざ、レース寸前になって、バッテリ切れ、充電不能となったら、目も当てられない。

本番までは、電源を消して封印しておくかなぁ…。

*1:その後、また繋ぎ直したら、怪現象で減り始めたので、本当に、この1回だけだった(ノД`) 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ