餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Suica搭載「 Garmin ForeAthlete 745」は、無敵のラン友だ!

スポンサーリンク

ランナーにとって、Garminは、欠かせない相棒だ。

僕がGarminとのつきあいを始めたのは、約10年前。

Garmin 410*1をゲットしたのが始まりだった。

この時僕は、ランニングを始めて数ヶ月だったけれど、Garminに出会ってから、僕の人生は変わったと言っていい。

それまでは、《なんちゃってランナー》だった自分が、《ガチのランナー》になった*2のだ。

もしもGarminに出会わなかったら、僕は、ここまでランニングにのめりこまなかったかもしれない。

それぐらい惚れ込んだGarminには、忘れられない思い出が多々ある。

とりわけ、2台のGarmin 410をリレーで繋いで完走した、2012年の「サロマ湖100Kmウルトラマラソン」は、僕にとって一生忘れられない記憶だ。

その後僕は、220Jのショートリリーフを挟んで、920XTJに辿り着く。

GarminのForeAthleteシリーズは、3桁型番の数字が大きいほどレベルが高くなるので、900番台はフラッグシップ。

僕が購入した時点で、920XTJは、最高峰のGarmin ForeAthleteだった。

しかし、月日は流れる。

流石に5年半も使い続けていると、さまざまな不具合や不満足が出てくるようになった。

それはそうだろう。

900番台のシリーズは、935→945と進化を続けており、920は、もう二世代も前の型番になっていたからだ。

僕は、「いつかは945に乗り換えなければ…」という夢を抱いており、今年あたり乗り換えようかなぁ…とも思っていた。

しかし…。

Garmin ForeAthlete 745が発表されて以降、僕は、心変わりする。

買うっきゃない!と思ったのだ。

このエントリーでも書いたけれど、基本的な機能については、945と比較しても見劣りがない。

バッテリ容量は、945の方が遙かに大きいけれど、745でも、GPSモードで16時間はもつため、ウルトラマラソンまでは対応可能。

ならば、僕的にはそれで必要十分だった。

945よりも一回りコンパクトで軽いのも魅力だし、僕が選んだブラックモデルは、黒一色で渋くて素敵だ。

ということで、ゲットして以来、僕は最高に気に入って使っている。

その素晴らしさについては、このエントリーで詳しく書いた。

まさに、僕のランニングライフを変えてくれたといっていい。

僕は、今年に入って、一応毎日走り続けていたものの、ダラダラとしたランを繰り返していた。

当面、レースに出走する予定もないし、健康維持目的だから、それでいいと思っていたのだ。

しかし、745に変更して以来、それが大きく変わった。

心拍数や睡眠ログなどの数値と連動して、僕にさまざまなアドバイスをしてくれるから、頑張らずにはいられない。

Garmin単体で、VO2 Max(最大酸素摂取量)も測定してくれるので、トレーニングするに張り合いも出てくる。実に魅力的なランニングウォッチだ。

ただ、これだけならば、もちろん、945でも同様のことが可能だし、下位モデルの245でもそれなりの測定は可能。

945ならば、745よりも深いデータを取ることができるだろう。

しかし、745は、他のForeAthleteが有していない、大きなポイントがある。

Suicaが搭載できることだ。

f:id:ICHIZO:20201022030307j:plain

いやはやこれが本当に便利で、745をゲットして良かったなぁと心から思っている。

Apple Watchを利用している人にとっては「何を今更」ということかもしれない。

しかし、Garmin使いのランナーにとっては、GarminでSuicaを利用できる方が断然便利。

また、Apple Watchは、iPhoneユーザーしか使えないが、GarminならばAndroidアプリとも連動するし、バッテリの持ちが桁違い。

だから、ことロングランにおいては、Suica搭載の利便性が凄まじく高まる。

先日の《バーチャル》ニューヨークシティマラソンでも、僕は、このSuica搭載Garmin ForeAthlete 745に、大いに助けられた。

街角のコンビニや自販機などで、サイフはおろか、スマホさえも不要になるメリットは計り知れない。

片腕をちょっとかざすだけで、買い物ができるのは、超絶便利。

ランナーは、基本的に身軽であればあるほど走りやすいので、Garminがサイフの役割を引き受けてくれるというのは、実に大きなメリットだ。

もちろん、電車にだって乗ることができるから、どこでリタイアしても安心w

いやぁ、本当に買って良かった。 

ガーミン ForeAthlete 745 Black F 010-02445-40

ガーミン ForeAthlete 745 Black F 010-02445-40

  • 発売日: 2020/10/01
  • メディア: スポーツ用品
 

*1:僕は海外版を入手したので、Garmin Forerunnerとなっているが、日本では、ForeAthleteシリーズとして発売されていた。

*2:僕には、ガチランナーと言えるほどの根性もスピードもなかったけれど、気分だけは《ガチ》だったw


マラソン・ジョギングランキングへ