餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「慕情」(中島みゆき)に陶酔中

スポンサーリンク

僕の人生において、「別格」の人が2人いる。

遠い、遠い、手の届かない存在ではあるけれど、僕が、若い頃から慕い続け、尊敬し続けた人。

そのうちひとりは筒井康隆先生で、もうひとりは、中島みゆき。

本来は、「中島みゆきさん」と呼ぶべきなのだけれど、なんだかよそよそしくて、さらに遠いイメージになってしまうので、あえて敬称を外した。

ただ、名字を外せば別。僕は、やっぱり、親しみをこめて「みゆきさん」と呼びたい。

日本中に「みゆき」という名前の人は沢山いるし、有名人に限っても多数いる*1が、僕にとって、「みゆきさん」と言えば、イコール「中島みゆきさん」以外にあり得ないとまで思っている。

僕がもし、「小説」を語るなら、筒井康隆先生を抜きにして、絶対に語れないし、「音楽」を語るなら、みゆきさん抜きにしては、絶対に語れない。

それくらい別格。

そんなみゆきさん、待望のニューシングルが、ついに、ようやく、発売になった。

f:id:ICHIZO:20170825051242j:plain

慕情

待ちに待った「慕情」。

あの、「やすらぎの郷」のテーマソングだ。

僕は、2ヶ月前から、発売日を指折り数えて待っていたので、本当に嬉しかった。

ということで、ゲットしてから、リフレインしまくっている。その曲、歌声が素晴らしいのは言うまでもないが、ジャケットも素晴らしい。

モノクロの写真が、まさに「慕情」を感じさせるレトロな雰囲気でたまらない。

CDは、ピクチャー仕様になっていて、ジャケットをひっくり返すと…。

f:id:ICHIZO:20170825054204j:plain

カラーで美しいみゆきさんが現れる。ジャケットとのコントラストが見事。

ということで、僕は、入手して以降、ずっとこの曲に陶酔しまくりだ。これはいい。本当に素晴らしい。

他に表現はないのか?と言われそうだけれど、人は、あまりにも素晴らしいものに出会うと、それ以上の表現というのはなかなか難しいのだ。

ドラマ「やすらぎの郷」では、いつも断片的にしか流れないし、ラジオなどでも、短縮バージョンの1番しか流れないことが多いのだけれど、それだけしか聞いていない人は、本当にもったいない。

この曲は、全編を通して聞いてこそ、大きな意味があるからだ。

2番の歌詞の凄さ。Cメロの妙。そして、圧巻のリフレイン。

「時代」「わかれうた」「悪女」「空と君のあいだに」「地上の星」「糸」「麦の唄」…などなど、みゆきさんの名曲は数え切れないほどあるけれど、この曲は、それらと並ぶ代表作になる!と思った。

カップリングの「人生の素人」が、これまたいい。

「慕情」が、やさしい《おんなうた》だとしたら、「人生の素人」は、激しい《おとこうた》で、これも見事なコントラストを成している。

f:id:ICHIZO:20170825055706j:plain

CDには、「夜会工場」VOL.2の先行抽選予約シリアルナンバー特典がついていた。

応募期間は8月31日までと短いので、気になる人は、即購入、即応募が吉。僕は、忘れっぽいたちなので、すぐに応募を済ませた。

そして。

f:id:ICHIZO:20170825060212j:plain「2017年秋!通算42枚目のオリジナル・アルバム発売決定!」という朗報も挟み込まれていた。

詳細は9月13日発表ということだけれど、秋…ということは、遅くても11月ぐらいまでには発売される筈で、本当に楽しみだ。

今度は、そのときをカウントダウンして待ちたい。

 

慕情

慕情

  • アーティスト: 中島みゆき
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックコミュニケーションズ
  • 発売日: 2017/08/23
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 

 

*1:鳥居みゆき、香坂みゆき、小野みゆきなど


マラソン・ジョギングランキングへ