餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

マツコも激賞!東京No.1餃子店「東亭」の過去・現在・未来

スポンサーリンク

僕が、東京No.1だと信じて疑わない餃子店。「東亭」。

この店のエントリーを最初に書いたのは、もう、10年も前に遡る。

初めてこの店の餃子に出会った時の感動は、今でも忘れない。

餃界における、僕の人生を変えてくれた餃子だ。

この店は、営業時間の制限が非常に厳しく、2018年5月現在、以下のようになっている。

【営業時間 】
  • 昼 11:30~14:00(L.O.13:30)
  • 夜 17:00~19:00(生のテイクアウトのみ)
【定休日】
  • 水曜日、土曜日、日曜日、祝日

営業しているのは、平日(水曜除く)の昼と夕方だけ。

しかも、夕方は生のテイクアウトしかできないので、店内で食べられるのは、昼間だけ。

とにかく訪店ハードルの高い店なのだ。

だから僕は、平日休暇が取れた際、この店に訪れることを至上の楽しみとしている。

あぁ、自分のエントリーを読み直していたら、また、この店の焼餃子定食が食べたくて食べたくて、仕方がなくなってきた。

しかし、その夢はしばらく叶わないだろう。

たとえ平日休暇がとれたとしても、凄まじい行列になっていることは必至だろうからだ。

その原因は…この番組。

f:id:ICHIZO:20180517042759j:plain

アーカイブ|TBSテレビ:マツコの知らない世界

一昨日の火曜日に放送された「シュウマイの世界」特集で、マツコが激賞してしまったからである。

シュウマイ特集の筈なのだけれど、「餃子の名店にはいいシュウマイが多い!」理論(?)で、焼餃子も登場。

マツコは、餃子、焼売とも実食して感動。最上級の評価を与えていた。

番組を見逃した方は、以下のリンクから、5月22日までは確認が可能なので、是非ともそれを確かめていただきたい。

東亭は、この動画の12分30秒あたりから登場。

僕も、今回あらためて見直してみたけれど、マツコの感動っぷりが、とにかく半端じゃない。

餃子好きならば、絶対に食べに行きたくなる筈だ。

もちろん、僕は、その素晴らしさを十分にわかっているので、頷きながら見たが、それと同時に心配が募ってきた。

番組でも紹介されているが、この店は、基本的に夫婦2人だけで経営している店。

だから、今回のマツコ激賞に伴って発生する筈の、大行列や大混乱の状況を捌ききれるだろうか…という心配が残るのだ。

数年前、「ぴったんこカンカン」で紹介されたときも、放映後しばらくは大行列が続き、開店後すぐ売り切れとなるほどの人気になってしまった。

ご夫妻の心労が大きくなり、営業形態の変更を余儀なくされた。

それまでは、平日(月~金)のみ営業という形だったが、水曜日も休みとなり、また、夕方は、生餃子のみの販売(以前は焼餃子もあった。)となってしまったのだ。

テレビなどで紹介されなくても、十分人気の店だったのに、テレビ効果は凄まじく、あの頃のご夫妻は、本当に疲れがたまっていたことを思い出す。

その後も、ランチ時の行列は続いているが、今は、放映前のレベルに戻っていた。

前述営業時間のハードルゆえ、僕は、ランチにはなかなか行くことができない。

しかし、夕方ならばギリギリ可能。だから僕は、早めに退勤できた日を狙って、この店の生餃子を買いだめするのが常だった。

ちょうど、今週月曜も訪れたばかりだったのだけど、その際、ご夫妻から、

「明日、マツコさんの番組で紹介していただくんです。」

という話を伺った。

「今まで断っていたんですけど…今回は断り切れなくて…。」と、奥さんが話す。

僕は、それを聞いて大いに驚き、「今週からまた忙しくなりますので、どうかお身体に気をつけてくださいね」と伝えた。

ご夫妻は、「どんな紹介されるかわかりませんし…」と仰っていたが、僕は、マツコが賞賛するに決まっていると思ったから、放映後の混乱が、とても心配だった。

実際の放送では、前述の通り、僕の想定をも超える激賞っぷりだったので、間違いなく、東亭は、今日から*1大行列になる筈。

僕は、それを大いに危惧している。

今週、僕がこの店を訪れた時、驚いたことがもうひとつあった。

それは、店内に、このような告知がなされていたことだった。

f:id:ICHIZO:20180517051113j:plain

営業日の変更、短縮だ。

今年6月からは、週3日。月曜、水曜、金曜のみの営業となってしまうのである。

2日連続で営業するのは、体力的に厳しいということなのだろう。

さらに訪店ハードルは上がってしまうが、それも仕方ない。何よりも、ご夫妻の体調維持が第一だと思うからだ。

昨年は、激務に伴い、夏場の長期休業や臨時休業なども多々あり、僕は大いに心配した。

営業日は少なくなってもいい。これからも東亭が続いていく、ということが、何よりも重要だ。

告知には、このようなメッセージも加えられている。

気がつけば45年 みじかいようなながいような

あとなんねんできるかなと想う今日この頃です

なんと。今年で45周年!ということだった。

この店の料理メニューは、餃子(焼餃子・水餃子)とシュウマイだけ。

それなのに、ここまで長く続いてきたのは、言うまでもなく、そのレベルの高さゆえ、だ。

「あとなんねんできるかな」などというフレーズを読むと、とても切なくなってしまうけれど、どんなに営業日のハードルが上がっても、僕は必ず通い続けていく。

だから、細く長く続いてくれればいい、と思った。

ただ、「マツコの知らない世界」に登場してしまったことで、僕は、その未来に大きな不安を抱いている。

今回のマツコ激賞に伴う、大混乱、パニックは必至だと思うからだ。

何とか、この荒波を無事に乗り切ってくれることを、心から祈りたい。

f:id:ICHIZO:20180517052856j:plain

今週月曜日に購入した生餃子。

買いだめし、冷凍した分があるので、しばらくは大丈夫だけれど、それがなくなったとき、また、追加購入できるだろうか…。

*1:放映翌日となる昨日、水曜日は今現在の定休日。でも、放送を見て駆けつけ、衝撃を受けた人も多かったろうなぁ…。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ