読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

iPhone10周年!…で、振り返ってみた2007年当時の僕的モバイル環境

スポンサーリンク

昨日。

1月9日は、iPhoneが発売されてから10周年の記念日だったようだ。

ということで、appleのWebサイトには、それを記念したコンテンツがアップされている。

過去のiPhone画像や、ティム・クック最高経営責任者(CEO)によるコメントが掲載されており、感慨深い内容になっている。

10年前…僕は、旧ブログ*1で、どんなエントリーを書いていたのだろうと思って振り返ってみると、やっぱりiPhoneについて言及していた。

今からちょうど10年前の日記だ。

いやぁ、我ながら懐かしい。単に、プレスリリースの情報をかき集めただけなのだけれど、画期的な新端末に関する興奮が伝わってくる。

ただ…これは、米国で、iPhoneが「発表」されたということに過ぎない。

米国における発売日は、約半年後の2007年6月29日。

この初代iPhoneは、日本では発売されなかった。日本で採用していない通信規格のGMS端末だったからだ。

そのため、iPhoneの日本上陸は、それから更に1年後、2008年7月のiPhone 3G発売まで待たされることになる。

2007年当時、日本は、まだ、ガラケー(フィーチャーフォン)が全盛で、「スマートフォン?何それ?」と言う人が多かった。スマホ、などという言葉も存在していなかった時代だ。

僕は、日本におけるスマートフォンの先駆け、初代W-ZERO3に痺れていたが、職場などにおいては、その素晴らしさに共感してくれる仲間は皆無。

たまたまW-ZERO3で電話をかけていたら、ラジオを聞いているんじゃないか?と思われてしまったほどだ。

それが今や、W-ZERO3よりも大きい*2端末で、誰も彼もが普通に電話をかけている。

いやはや、時代は変わったものだなぁと思う。

iPhoneが発表された10年前。

僕がもっぱら利用していた端末は、W-ZERO3だけではない。

前述のように、W-ZERO3は、電話として(見た目的に)使いにくい状況だったため、通話用のメイン端末は別に持っていた。

f:id:ICHIZO:20170110042908j:plain

 初代INFOBAR。ICHIMATSUモデルだ。

この端末に対する、僕の熱い思いは、2年前のエントリーで延々と綴った通り。

なんと言っても、画期的で独創的な、タイルキーのデザインが素晴らしかった。

僕は、この端末に酔いしれまくって、8年近くも使い倒した。もしもCDMA 1Xの規格が停波にならなかったら、今でも使っていたんじゃないかと思う。

後継モデルは、デザイン的には「初代の劣化模倣版」にしか見えず、乗り換える気がおきなかったのも、もはや遠い記憶だ。

今は、右を見ても左を見ても、デザイン的には面白くもなんともないフルタッチスマートフォン全盛の時代。

INFOBARのような、尖ったデザインの端末は、もう、出てこないだろうなぁと思うと、寂しさが募る。

2007年当時は、サブ端末として、これも理由していた。

f:id:ICHIZO:20170110042921j:plain

 Linux Zaurus。通称「りなざう」。

いやはやこれも懐かしい。あまり使いこなすことはできなかったけれど、でも、僕にとって大事な、大好きな端末だった。 

f:id:ICHIZO:20170110042929j:plain

利用端末揃い踏み。

こうやって並べてみると、僕は、やっぱり物理キーボードが好きなんだなぁと思う。

ThinkPad PCをこよなく愛し、モバイル端末としては、BlackBerryに行き着いたのも、必然だったのかもしれない。

BlackBerryの現状、そして未来を考えるとちょっとブルーになるけれど、可能な限り、今後も、物理キーボードにはこだわっていきたいと思う。

iPhone10周年記念エントリーの筈なのに、反iPhoneみたいなエントリーになってしまった(汗)

ということで、僕が初めて買ったiPhoneのことについても書いておこう。

iPhone 4。

色々といきさつがあり、3Gも3GSも見送ったのだけれど、4で、やっと初iPhone。以降、5→5S→SEと乗り換えてきている。

iPhoneは、巨大化の流れが顕著になってきているが、やっぱり僕は、コンパクトなサイズが好きだ。

f:id:ICHIZO:20170110050657j:plain

SEならば、4と並べてもそんなに違和感はない。

iPhone10周年を迎えて、今年は、記念モデルが出るという噂があるけれど、何とかSEの後継モデルも出てほしい、と願うばかりだ。

 

10 years

10 years

 

 

*1:僕がこのブログを始めたのは、まだ1年前だが、前身として「言い捨ての小部屋」というブログを2004年から書いており、そのエントリーはすべてこのブログにリダイレクトさせている。

*2:筐体は圧倒的に薄くなっているが、サイズとしての比較


マラソン・ジョギング ブログランキングへ